芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

眞久中 @ 早稲田 ラーメン

アゴを鍛えられると訊いて!

まあそれは冗談なのですが、上質で特色のあるインスパがあるようで
眞久中へ初めて行ってまいりました
学生街の早稲田界隈


DSC05152.jpg
眞久中
14:00すぎの到着
先客0

食券購入、ラーメンはデフォで150~400gまで、結構な素敵盛り
徐に隣の麺増し券をポチリ
様子見で600gでお願いします

トッピングは二郎基本の4種
この日はヤサイニンニクアブラで


DSC05154.jpg
ラーメン(850円)+麺増し(100円)
丼の口径が広いので盛りがビシッと決まってます、素敵
いただきます~


DSC05160.jpg
ヤサイコールでなかなかの盛り
マシマシになると+50円
スープは豚出汁ガッツリ乳化スタイルも
見た目よりサラッとしてライトなスープ


DSC05158.jpg
このお店の売りといっても過言ではないのでしょうか
うどんの如くかなりの太さ、むっちんむっちん押し返す弾力が凄い
芯が粉っぽいこともなく、しっかり茹でられています
表面ツルツルのなんとも面白い麺ですな
滑らかなので太さの割につつつーっとスムーズに啜れます


DSC05156.jpg
豚はちょいパサな見た目かと思いきや
意外としっとり、大判厚めで豪儀な感じでいい感じです


その麺の太さからアゴよりも箸をもつ指がプルプルします(笑
その麺の滑らかさからスルッと進み完食

長く茹でても表面がデロらない色々工夫の詰まった麺なんでしょうね
次はもっと量いけそうです
つけ麺もこの麺だということらしいのですが
どんだけ茹で時間掛かるのか…

満足の一杯、ごちそうさまでした

スポンサーサイト
  1. 2017/05/30(火) 19:13:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

替玉千里眼 志木店 @志木 ラーメン

駅チカ、リーズナボー、長めの営業時間
なんとも素敵な三拍子
お腹が空きまくったときの強い味方


DSC05090.jpg
替玉千里眼 志木店
夜の替玉千里眼
健康への背徳感がまた堪らんのです

せめてヤサイ多目のもやしラーメンにするかな…
などと考えるも無駄な抵抗とあきらめてデフォオーダー
ちなみにもやしラーメンだと、市販のもやしだいたい一袋分が乗ってくる感じです

アブラと麺の固さを先に告げます
3分くらいで到着


DSC05094.jpg
ラーメン(580円)
麺は普通でアブラ多目
いただきます~

DSC05102.jpg
白が綺麗な豚骨出汁にアブラ多目
辛揚げGO!(辛い揚げ玉)

油の甘みはかくも魅力的なのか
しかし最近液体アブラの割合が多くなったような


DSC05097.jpg
麺は弾力緩めでぷつっとした歯触り
豚骨にこの手の麺は稀有で面白しです


DSC05098.jpg
替え玉ふたつ無料のひと枠をご飯に!
なんとふりかけ標準装備です
ラーメンをおかずにご飯食べれない人も安心

替え玉無料枠を使い切っても
50円でさらにひと玉追加できます
何皿かオーダーした後完食

ビールもこの界隈ではなかなかお安い
(スーパードライ缶350が280円)
一杯やりつつ…ってのもオツなものですな
今度やろう

ごちそうさまでした

  1. 2017/05/26(金) 17:01:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一条流がんこラーメン 池袋赤丸 @池袋

涙の池袋がんこ2月末閉店
ああ、池袋がんこはもう食べられないんだなぁと
涙の跡も消えぬそばから
店主を変えて大復活


DSC05085.jpg
一条流がんこラーメン 池袋赤丸
ラーメン居酒屋にモデルチェンジ
昼はラーメン、夜はお酒

薄暗い店内、内装はもうまさにそのまま
元店主義理の弟への店主交代すらがんこ系特有のジョークかと思ったら
こっちは本当に代わっていました(笑


悪魔やら坦々などのメニューはそのまま継続
メガ盛りがメニューから消えたのでこってりを特盛でオーダー
前金制です


DSC05086.jpg
醤油こってり(750円)+特盛(150円)
ネックどっさり素敵な面持ち
いただきます~


DSC05087.jpg
代替わりは流石に正直なもので、確かに池袋スープなのですが
ちょっとがんこっぽさが弱くなっちゃっていましたね
温度も大事、少々ぬるいです
麺は中型縮れ麺で変わらず


DSC05088.jpg
チャーシューの柔らかさあたりは見事に継承されています
それにしても代替わりの不満を個人的に帳消しにしてしまうほど
ネックの盛りがよくてよくて…
どんだけ好きなんだよ


量も見事に継承されており、なかなかの量を完食
ちょっと複雑ですが
もう食べられないと思った池袋の味を頂けるというのはちょっと嬉しいですね
次はもっと熱めに濃い目に
期待しています

ごちそうさまでした


  1. 2017/05/18(木) 20:32:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

萬福 @東銀座 中華そば大盛

たまには歴史をヒモトコウと思い
歴史ありと伺った銀座の老舗萬福へ


DSC05078.jpg
萬福
大正時代に屋台から創業
説明無用の有名店
14:00頃入店先客0

昭和からの建物は流石に10数年前に建て替えられたものの
どことなく古き良き造り

注文は中華一択
5分もしないうちに提供


DSC05080.jpg
中華そば(700円)+大盛(130円)
伝統の一杯と初対面
いただきます


DSC05081.jpg
なんという透明度、思わずおお、と感嘆
鶏ガラとヤサイの淡々としたスープ
これが大正時代の味かと思うと何だか感慨深いです
じんわり優しい出汁

DSC05083.jpg
麺は中細ストレート
これが柔らかく、コシより麺肌喉越し重視な麺


DSC05084.jpg
これまた古き時代のモモチャーシュー
みしりとしかと歯をいれ噛み切ります
三角の薄焼き玉子がまたこのお店の特徴

大盛りでも量は並々といったところ、完食
今の時代薄いとひとくくりにされてしまいそうな出汁ですが
歴史の火は絶えず灯り続けてほしいものです

ごちそうさまでした



  1. 2017/05/17(水) 16:56:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粋な一生 @秋葉原 醤油ラーメン大盛

秋葉原好きだね~
住んでるわけでもここで仕事してるわけでもないのに

店並びといい交通の便といい
他にない空気感といい
昔はこの辺に住むのが夢でしたね
まぁ今となっては適わぬ夢ですが

この日は夜の肉祭りを控え
胃をソフトリィな感じに優しくしてあげようと
控えめなお昼

粋な一生へGO

DSC05044.jpg
ラーメン食堂粋な一生
14:00到着
先客数組

前回サービスライスを食べ逸れたことを思い出した
今回は時間内なのでセーフ

前回塩だったので今回醤油をオーダー
メニューと一緒にお勧めや工夫などを書いたやつをぼんやり眺めつつ
ラーメンを待ちます
押し付けがましくない優しい文章に穏やかな気分になれます


DSC05047.jpg
醤油ラーメン(670円)+大盛(100円)
大きな海苔が目を引きます、実にいい香り
いただきます~


DSC05049.jpg
正統派動物系清湯
優しく懐かしく、とても滋味深い出汁の味
古き良き…といいつつ後味は近代的ラーメンのキレ味を感じます
大人しい清湯スープかと思いきや裏腹
研究が重ねられていそうなスープです


DSC05053.jpg
麺は中太弱縮れ
コシ良く加減良くプリプリしてて旨し


DSC05051.jpg
チャーシューも古き良きではなく最近流行の低温調理
厚さもレア加減もバッチリ

ライスとともに汁まで完食
ラーメン食堂という牧歌的で素敵なコンセプトの中に
しっかりと現代でもやっていけるような工夫が垣間見えたようで
感服いたしました
まさに古典と現代の融合、ハイブリッドなラーメンです

満足の一杯、ごちそうさまでした


  1. 2017/04/26(水) 14:43:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ