芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

ラーメンの店どでん @北浦和 ラーメン

気にはしていたのだけど
ちょっと交通の便が悪い
時間が合わない
そんな食べ歩きあるある


今回北浦和方面に奇跡的に用事が出来たので
この機を逃すべきものかといざどでん


DSC05035.jpg
ラーメンの店どでん
元富士丸の時代から来てみたかったお店にようやく…
感無量

11:20到着
外7名待ち
駐車場がありますので
車でお越しの方はそちらに


DSC05036.jpg
はい
ロット入れ替え制なんですね
ある程度まとめて入店させるスタイル
10分ちょいくらいで入店

麺基本350gは富士丸と同量ですね
麺増しはトッピング100円券でやってもらえるみたいです

店内にオススメの食べ方が書いてありましたね
ありがちなこうすべし!とかがないあくまでおすすめという姿勢に好感度アップ

ややあってトッピングの確認
ニンニクアブラでお願いしました


DSC05039.jpg
ラーメン(780円)+麺増し×2(200円)
すり鉢先生!
初訪なのに麺増ししちゃいました
いただきます~


DSC05042.jpg
スープはガッツリ弩乳化
注ぐ時からすごい色してたもんなぁ
その割にはサラッとした口当たりで
何だか飲みやすい不思議なスープ


DSC05041.jpg
麺は素敵な極平太に荒々しいうねり
口腔内で暴れるので咀嚼に気合がいります
この食感食べ応えは癖になりそうです


DSC05040.jpg
豚は大きめなのが2枚
肉肉しい見た目の豚ですが、これがまた意表をつく柔らかさ
ほろほろと柔らかいのに味はしっかり残っています


DSC05043.jpg
そして別皿アブラと云えばセルフ油そばですね
とろりアブラとこの荒々しい麺の取り合わせは最高
一味+するとなお良し!

麺増しプラスで650g
ヤサイも増せたなぁ、などと考えながら完食
味ボリュームともに文句なし

南部せんべいなんてトッピングもあるので
いつになるか判りませんがまたきっと来よう

満足の一杯、ごちそうさまでした


スポンサーサイト
  1. 2017/04/20(木) 19:48:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らーめん忍者 @秋葉原 らーめん特盛

雨の平日
あまり歩くのは億劫
しかしなんだかお山気分
秋葉原メトロ口からなかなかの近さのこちらへ


DSC04989.jpg
らーめん忍者
秋葉原の二郎インスパイヤ店
15:00到着
先客0

入店した瞬間一時閉店
どうやら厨房機器の点検のようですが
その直前だったようで食事に問題はなさそう

外の券売機で券購入
店員さんは外国のお方
トッピング確認は食券提示時に訊かれますので準備
マシマシできますか?と訊いたところ
できますよー、と流暢なお言葉
ヤサイマシマシニンニクアブラでお願い
10分くらいで提供



DSC04992.jpg
らーめん(730円)+特盛(200円)ヤサイマシマシニンニクアブラ
大きめ丼になかなかのお山
いただきます~


DSC04993.jpg
細かめアブラとしゃっきりヤサイにカエシをひとまわし
卓上カエシがある店はいい店です


DSC04999.jpg
二郎インスパのお手本のような
アブラのきっちり回った乳化スープ
化調に頼り切らない、きちっとした濃度があります


DSC04997.jpg
麺は極太で小うねり
この太さですがコシはそこそこのプッツリ感
サッポロめんフーズの麺箱が店内にありました


DSC04995.jpg
豚はバラチャーシューが二つなかなかの大きさと分厚さ
見た目よりかなりの柔らかさ
なかなかの高クオリティーでした


特盛500gなのでほどよい量、完食
総じて完成度の高い二郎インスパイアでした
売りの忍者ラーメンもカオスで面白いですが
シンプルなラーメンもなかなかイケますね

満足の一杯、ごちそうさまでした



  1. 2017/04/14(金) 13:27:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

築地大勝軒 @築地 中華そば メガ盛り

かなり前の東池袋大勝軒本店での会話

「そういえば築地に大勝軒できましたね」
「勝鬨橋のところですよね、うちとは特に関係ないんですよね~」
えぇ…そうなの…?

東池袋大勝軒も一枚岩ではないということですね
(何をいまさら)

そういうちょっとマイナスなやりとりがあったからといっても
先ずはフラットな目で気持ちで


DSC04912.jpg
築地大勝軒
表通りに面した日当たりよい立地
先客3名
券売機は外
メニューにはもりそばに中華、あとは油そばなど
ランチ向け小丼なども時間限定で用意されています

店内はちょっと薄暗い感じ
居酒屋のような風情です



DSC04914.jpg
中華そば(720円)+メガ盛り(200円)+小チャーシュー丼(100円)
う~ん、フラットな目で頭で…
いただきます~


DSC04919.jpg
先ずは気になるスープのお色
カエシと魚粉の味が色濃く全体を支配
出汁が、出汁が遠い…
水位の低さもかなり残念


DSC04916.jpg
具は枕木メンマが2本に円に満たないチャーシューその他
海苔が立っちゃってるじゃん…


DSC04918.jpg
麺はなんとか及第といったところ
もう少しザラりとしたところがあるといいのですが


メガ盛りで麺は600g
麺量は文句なしでも内容にガッカリ感が凄かったですが完食
色眼鏡なしに見てもこれはちょっと酷い…

文句ばかりになってしまいましたが好みの問題がありますのでね
好きな方には申し訳ないですが…
大勝軒にもこういう店があるのだなと身をもって知った日となりました


ごちそうさまでした


  1. 2017/04/12(水) 19:10:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 西台駅前店(仮店舗) ラーメン大

4月ですね
本年度も当ブログを宜しくお願いいたします。

平日にゆっくり時間が取れていた頃
ふと思い立って西台二郎へ行ってまいりました

その昔は東上線と繋がる的な計画があったそうな都営三田線
都営三田線ユーザーではない私にとってまさに陸の孤島
しかしそんな西台にラーメンだけを食べに来る
そんな二郎好きも多いでしょうね


DSC04859.jpg
ラーメン二郎 西台駅前店(仮店舗) 
耐震工事のためこちらに移転
大通りに面した仮店舗
11時ちょいすぎの到着で待ち一人
看板を見ると声かかかるまで入店はお待ち下さい
待ちますがなかなか間があり、入るべか入らぬべか
逡巡してると、中どうぞとinfoで安堵
後のお客さんが勝手に入ってご店主に怒られていました
うひゃ、こういう緊張感久しぶり

隅々に目を凝らし列をサクサクと捌いていくご店主
券売機にて食券購入、ぶたは売り切れ
麺量を先に告げます
コールはにんにくのみで


DSC04860.jpg
ラーメン大(800円)ニンニク
久々の直系に心躍ります
いただきます~


DSC04863.jpg
ヤサイは適度にクタ気味で個人的に実にアリ
増せばよかったと思いつつ、気になる豚
かなりの厚さが2枚と結構なボリューム
ほどよい柔らかさに強めの塩味がいい感じです


DSC04861.jpg
麺は平打ちでいい茹で加減、硬すぎず柔すぎず
ツルッとした表面といい二郎の割に(失礼)
佇まいがとても上品な麺に感じました


DSC04864.jpg
スープはほんのり乳化で二郎らしい化学の力なスープ
ちょっと薄めに感じたのは久々の二郎だからかな


麺は大で460g
それくらいなら余裕圏内の完食
食べている最中もご店主の客捌きで
独特の緊張感があり
ああ、二郎ってこんなんだったなぁと
久々に体感することができました

ごちそうさまでした


  1. 2017/04/04(火) 19:58:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つけ麺どでん @さいたま新都心 極・どろつけ麺 大

「お気にのお店をぐるぐる巡る」
そんなコンセプトな当ブログですが
ここ最近はどうしたことか新規開拓ラッシュ!
まぁこんな時期もあるということで…

ラーメン富士丸北浦和店が閉店し、どでんへと変貌を遂げて数年
そのどでんへ行こうとするもなんとも平日は夜営業のみ
成程その辺は富士丸を彷彿とさせます

ならばと向かうはどでん系列のつけ麺どでん


DSC04831.jpg
つけ麺どでん
11:30頃の到着で空席2席ほど
コの字カウンターがど真ん中、あまり見かけないスタイルですな
左手の券売機で券購入
トッピング100円券で麺マシができるとの掲示
初来店ですがデフォ大400gだとちょっと心もとないので
100円+で麺マシをお願い
注文時デフォのチャーシューかローストポークを選べます
写真のピンクにすっかり当てられてローストポークを選んじゃいました


DSC04832.jpg
なんとトッピングが選び放題
刻み海苔、桜海老、にんにく、玉ねぎ、魚粉、生玉子、ゆで玉子
あと白ゴマやら揚げかすなどなど
選ぶ喜び、この時点でテンション上がります
食べきれる量を頂きませう


DSC04833.jpg
極・どろつけ麺 大(850円)+麺増し(100円)
つけ汁も丼も、その大きさにときめく
後ろから日差しのハイビーム!
暖かいですが写真泣かせな白飛び(涙
いただきます~


DSC04834.jpg
まず目を引くはローストポーク
大判二枚が山にしなだれかかります
柔らか薄め、濃いいつけ汁との対比が面白いですね


DSC04835.jpg
どろりつけ汁、メニュー名に偽りなしのぽってり濃度
豚出汁ガッツリ、そして強力な脂の甘みにいい塩梅のカエシ


DSC04837.jpg
そしてインパクトたっぷりの平太麺
強烈なうねりと乱雑な切口が富士丸の系譜を思わせます
弾力の強いコシが気持ちよいです


DSC04840.jpg
麺がなかなか沈まぬ濃度
途中でニンニクを投入すると、刺激と風味でピリッと全体が締まります
味がかなり膨らむのでこれは個人的にニンニク必須です


DSC04839.jpg
別皿アブラの醍醐味、油そばです
油の甘みと麺がベストマッチ!
あつもりだと魅力倍増しそうな雰囲気
トッピングを絡めてまた楽し


最後にスープ割を注ぎ
麺マシ700gをあれよあれよと完食
汁の濃さ、麺のうねり、トッピングの楽しさ
色々なところで何楽しめる何ともいいお店でした
近くにあったら通うの必至

満足の一杯、ごちそうさまでした

  1. 2017/03/27(月) 20:01:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ