芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

そば処 ふもと@寒河江 中華そば特盛

いつもはさくらんぼの時期に来るのですが
不意の用事ができたので東北道を征く

山形の自分的ソウルフード、ふもとそば

DSC04211.jpg
そば処ふもと
店名が示すとおりメインは蕎麦のお店です
普段来るさくらんぼで繁忙期の休日と違い
初の平日訪問なので空席有が珍しく感じます

前から気になっていた特盛をオーダー


DSC04212.jpg
ラーメン(600円)+特盛(300円)
迫力の大丼
いただきます~


DSC04215.jpg
まさにオーソドックスな中華そば
安定王道清湯スープに中細縮れストレート
コレといった特徴がないのがむしろ特徴
じんわり染みる思い出の味


DSC04214.jpg
特盛にするとチャーシューが増えるようで
最近の柔らかチャーシューとは違うミシりとした噛み応え
そういや昔はカマボコ載ってたよなぁなどど回顧

麺量は2玉ちょい?
ノスタル満載で完食

毎日食べても恐らく飽きない
ほんわか食わせる中華そば

さくらんぼのころにまたお邪魔することになりそうです

ごちそうさまでした

ばーちゃん、今までありがとう
年1に会える満面の笑顔が大好きだった
たくさん可愛がってくれたこと忘れません
どうかよい旅を、いずれまた会いましょう。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/03(金) 21:01:16|
  2. 山形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

といや @河北町 中華そば+ミニかつ丼

いきなり山形(笑
用事があり休日を利用して山形へ、
東北道は途中から雪が降りつつも
例年よりは雪量少ないご様子

折角の山形だし、麺を食べていこう
訪れたはこちら


DSC03581.jpg
といや
地元の方に愛されている歴史あるお店
11:00頃の入店で先客2組ほど

広い店内はテーブル席とお座敷

名物は冷たい肉そばとカツ丼のようですが
流石に東北は冷えるので肉そばはスルー
もうひとつの名物カツ丼と中華そばのセットをオーダー


DSC03583.jpg
先にミニかつ丼提供
玉子でとじない、ソースカツ丼なのですね
からり揚がった衣にサックリ豚肉
よくあるソースかつよりどことなくスパイスの強い雰囲気の
特徴のあるひと品


DSC03584.jpg
中華そば+ミニかつ丼(950円)
想像よりも淡色の中華そばが到着
いただきます~


DSC03586.jpg
透明度高い澄んだスープは動物系の甘さが前面に出たスープ
その後ほんのり節が香るなんとも優しげな中華


DSC03587.jpg
麺は中細弱縮れ、オーソドックスという言葉がピッタリ
ほんのり柔なのが丁度


DSC03588.jpg
バラチャーシューに蒲鉾
そういや昔山形で出前で取った中華も
よく蒲鉾が入っていたなと、昔を思い出させてくれる
記憶映写的アイテム

かつ丼と中華というなかなかのミスマッチを交互に行き来し完食
どことなくパンチの効いたカツ丼と対照的に
優しげでほわっとしたラーメンでした

普段は梅雨時の山形ラーメンですが
東北の冬の一杯はまたひとしお
機会があればまた冬に

ごちそうさまでした


  1. 2016/02/12(金) 20:23:33|
  2. 山形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そば処 ふもと@羽前高松 冷やしラーメン大盛

山形1泊2日の旅、残念ながら2日目も結局雨
宿泊したホテルの朝食バイキングもそこそこに
お昼の恒例ふもとそばへ


DSC02525.jpg
そば処ふもと
毎年6月に1泊2日の旅を続けていますが
2日目の昼ごはんの地位はここ10年近く揺るがない
山形の個人的ソウルフード

土日は激混み必至なので
11:00開店と同時に入店
恐ろしいことに11:30を待たずして
広い店内は満席に
観光客だけでなく地元っぽい方も多くご来店

このお店も蕎麦がウリ
ですが頼むのはやはり中華そば(


DSC02536.jpg
冷たい中華そば(650円)+大盛(150円)
冷やしを自分で頼むのは初
いただきます~


DSC02542.jpg
澄んだスープに動物系出汁のコク
脂が若干固まってしまっている位キンキンに冷えた丼とスープ
冷やし中華系と違い酸味0


DSC02543.jpg
普段やわ目でのびゆく麺を愉しみながらいただくところを
冷やしだとガッツリ締まっており、プリプリ
中麺小縮れ麺が旨し


DSC02541.jpg
唯一気になるチャーシュー
冷やしだと硬くなりイマイチに
同行者の熱いラーメンの中に避難させ
温かくして頂く

途中同行者のラーメンもつまみつつ
「これこれ」などと舌鼓を打ちつつ完食

例年同行者に冷たい中華そばを頼ませて
ひと口頂くのが定石だったのですが
この日は山形盆地の蒸し暑さとは無縁の低気温
冷え性にキツイと云われ、私が冷たい中華を頼むことに
しかし薄ら寒い気候でも美味しくいただけました

幼少の頃よりの思い出の味
未だ頂けることに大感謝

帰りの東北道はまたも大豪雨
山の下りは速度が出るので視界も悪く
ちょっとした絶叫マシンとなりました


満足の一杯、ごちそうさまでした



  1. 2015/07/01(水) 17:40:20|
  2. 山形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皿谷食堂@寒河江 特大中華そば

年1の行事のため山形へ
生憎の天気で土砂降り
その辺で一杯引っかけた後
去年見つけた皿谷食堂にお邪魔しました


DSC02510.jpg
皿谷食堂
19:30には閉まってしまうので
少し早めの入店
19:00頃の入店で4組くらいのお客さん


DSC02511.jpg
うち蕎麦屋ですから…(笑)
すいません中華でお願いします
同行者はお蕎麦をオーダー
去年より若干値上げされた模様です


DSC02512.jpg
特大中華そば(800円)
飲みの〆になんとも刺さるビジュアル
いただきます~


DSC02515.jpg
舌を包み込むような牛骨スープの旨み
じんわり柔らかで甘みを前面に感じます


DSC02516.jpg
特大はふた玉くらいでしょうか
なんとも王道的中太微縮れ麺
茹で加減がやわ過ぎず
ほどよい芯がのこります


DSC02514.jpg
牛チャーシューはほんのり赤身を残すスタイル
赤身肉のみしっとしたテクスチャー

久々の東北圏の中華を堪能し完食
同行者の蕎麦を少しつまみましたが
こちらも捨てがたい旨さ
来年は迷うなぁ~

ごちそうさまでした



  1. 2015/06/30(火) 20:15:25|
  2. 山形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そば処 ふもと@寒河江 中華そば大盛&冷やしラーメン

山形2日目
盆地特有のねっとりジメジメした空気に
私は山形に来ているのだと改めて感じるもので

山形に訪れた際に必ず寄る店があります
それが「そば処ふもと」です(外観忘れた…)

その昔、山形に来るたびに出前でここの中華そばを頂いておりました
丼にラップと輪ゴムでフタをしており、割り箸に胡椒の小袋を挟んでありました

ラップを上手くはずさないと輪ゴムがパチンと戻り汁が飛んで熱い!
必死の思いで外して出前特有の少し延びた麺を啜る
その時の幸せ感は今でも如実に思い出せるほどです

そんな思い出中華を求め11時の開店と同時に入店
カウンターなし、少しのテーブル席と広々とした座敷席は
開店すると直ぐにほぼ満席に!

このお店も蕎麦を出しています
太めのそばとカリカリのげそ天は一食の価値有りです

そんなこと言いながら当人は中華そば一択
去年より全体的に50円程度値上げした模様です

DSC01024.jpg
同行者の冷たい中華そば
ぱっと見普通の中華そばのビジュアルですが
きりりと冷えています

DSC01027.jpg
水で締まっているにもかかわらず
いい意味で硬さを感じさせない麺
毎度冷やしもいいな~と思うものです

DSC01028.jpg
中華そば(600円)+大盛(150円)
来ました来ました、大きい器にたっぷりスープ
写真にないですが、何故かお漬物もついてきます

まさに昔ながらの中華そばのスープなのですが
妙に飲ませる「謎のコク」があります
ダシなのかはたまた化調なのか
判別できるようもっと修行を積なまいと…(汗


DSC01030.jpg
縮れ中細麺、もちろんやわ目
ゆっくり食べて、後半に昔の出前時の硬さにして愉しんだり…


DSC01029.jpg
大盛だとチャーシューが二枚
この形状が昔から変わらないのが嬉しいです
柔らかさより食べ味重視


ノスタルジックの海にどっぷり浸りながら完食
変わらぬ味に心も身体も満足

来年もこの一杯にたどり着ける事を願いつつ
お店を後にしました


この後東北道にて前の車が見えないレベルの大豪雨に見舞われ
死ぬかと思いながらの帰宅となりました
  1. 2014/07/09(水) 19:49:33|
  2. 山形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ