芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

ラーメン富士丸 西新井大師店

夜遅い私にとって
なかなか人と麺を食べに行くには時間が合わず

まぁひとりのほうが気楽でいいじゃないか
ただ情報交換もないのでその故情弱になるのは否めないところ…

だが、今回ほど情弱であることを後悔したことはなかった
今は無き富士丸板橋店の店長「マサさん」が復活していたなんて!
しかもかなり前から…
不意に知ったその日、東武線に飛び乗ったのでした

思い出すは板橋南町店、個人的に通いやすい位置と営業時間帯
麺もスープも火山も、ワイルドさが好みでよく訪れていたのですが
突如閉店、あまりの衝撃に信じられず当時は心に穴が開いたようでした


大師前駅に駅員が居ないことに驚きつつ
駅から数分のところにお店が


DSC05430.jpg
ラーメン富士丸 西新井大師店
21:00過ぎの到着、外待ち8名

食券先買いなので一度入店するものの緊張で厨房が見られず
20分の待ち時間も短く感じる、妙な緊張感
なんだこれ乙女か、キモイな(笑


中待ちに入り、厨房を見るとそこにはマサさんが居ました。
以前と比べ痩せられたかな?
こちらだけの勝手な邂逅ですっかり感無量だったのに
「お久しぶりです」とひと言
こちとらかなり風貌も変わってるのに
まさか顔を覚えて頂いてるとは、感無量重ね掛け

コールはニンニクヤサイアブラで


DSC05432.jpg
ラーメン(850円)ニンニクヤサイアブラ
特徴的に寄るヤサイの山
懐かしい…、いただきます


DSC05433.jpg
しっかりと茹でられたクタヤサイ
シャキシャキ感を引き換えに味の染みた独特のヤサイ


DSC05434.jpg
麺はゴワゴワ平太縮れ麺
極太なのにカタメという相変わらずのワイルド感(笑
これが好きで通ってたんですよね~
普通盛で350g


DSC05436.jpg
豚は見事な肉塊
その厚みが見事に噛み切れる柔らかな当たり豚


DSC05437.jpg
豚出汁と化学の合わせ技、独特の甘みと
EQで特定の部分を振り切らせたような尖がったスープ
中毒性があるんですよね


DSC05435.jpg
アブラは別椀で、デフォで別椀になったのかな?
この味付けアブラがまた旨い
セルフ油そばを楽しみます


個人的ノスタルに浸りながら完食
10分もしないうちに完食してしまったような
思い出補正もなんのその、あの頃とほぼ変わらない印象
変わらないワイルドで破天荒なラーメンで嬉しかったです

以前よりだいぶ行きづらいところになってしまいましたが
再訪を心に誓うのでした
麺増しあるのかな?


大満足の一杯、ごちそうさまでした
スポンサーサイト
  1. 2017/07/25(火) 13:33:16|
  2. ラーメン富士丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン富士丸 神谷本店@王子神谷 富士丸ラーメン 大盛

いや~やっぱり猛暑のBBQは恐ろしいですね
焼きが甘かったのかもうすっかりお腹をやられてしまいました
しかし約束は待ってはくれません
同僚らと富士丸に行く日は迫ってきていたのでした
下り腹に富士丸のアブラというとんでもない愚策に心は
「もうどうにでもなぁれ」状態


DSC02711-2.jpg

ラーメン富士丸 神谷本店
最悪な体調とは裏腹に
久々の富士丸本店にもうテンションMAX
21:30の到着で外待ち1名
直ぐ中に入れました

食券を買いお座敷に通され
座して待ちます
途中ニンニク入れますか?とコール確認
「ニンニクヤサイアブラ」をお願い


DSC02713-2.jpg
富士丸ラーメン(850円)+大盛(170円) ニンニクヤサイアブラ
久々の富士丸の山に感動
今回は決壊度は低め
しかし盛り上がっている麺にドキドキ
いただきます~


DSC02718.jpg
独特のクタヤサイが味染みて旨し
カエシを回しがけて頂くと蘇る富士丸の記憶
要町…(ブワッ


DSC02722.jpg
ヤサイを粗方食べると顔出す麺山
ゴワゴワのちょいボソでTHE富士丸な平太麺
下ってる腹に大盛は愚行ですが
毒を食らわば皿まで、ここに来たら頼まずにはいられない
小麦の香りよく、実に味のある麺です


DSC02723.jpg
途中アブラ絡めながらズバッと啜ると
トロッとした脂が甘く、絶品
きっちりアブラが回った独特な甘いスープと合わさると
脳内麻薬がドクドク出てくるような感覚


DSC02720.jpg
まるでステーキのような立派な豚
肉感溢るる歯ごたえもスッと噛み切れる
これまた大当たりな豚


麺がなかなかの量があり、やはり本調子でないのが響いたのか
容量ギリギリでの完食
しかしやはり流石の富士丸
遠くてもまた来たくなる色褪せない魅力は健在でした
体調戻してビールとともにまた近々やりたいところ
ごちそうさまと店を後にするとベンチに沢山のお客さんが…
待たずにいい時間にこれたようです


大満足の一杯、ごちそうさまでした


  1. 2015/07/30(木) 21:11:47|
  2. ラーメン富士丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店@梶原 ラーメン

時間は夜の秋葉原
アキヨドで念願のガジェットを購入し、ルンルン気分で帰路へと…
何故かふと富士丸が頭に思い浮かぶ
京浜東北線で一本だし久々に参りますか

最寄は都電の梶原駅ですが、JR上中里駅からでも悠々徒歩圏内


DSC00737.jpg
ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店
旧赤羽二郎(現富士丸神谷本店)の支店
外待ち0で直ぐ入店

券売機にてラーメンとビール購入
大盛券の表示はありませんでした

富士丸っぽくない(失礼)爽やかインテリ系イケメン助手さんが券を回収
系列では梶原店のみのサービス「白」を頼み
麺量を訊かれます
普通or少なめをここで告げますが
ちょい増しできるか訊いてみました
助手さんが店主さんへお伺いを立ててくれましたが
今日はNGでした、残念
(遅い時間だったので麺の都合だったのか、顔を覚えられないと駄目なのか判断つかず)


DSC00738.jpg
セルフサービスのおしぼりとレンゲを回収し着席
キンキンに冷えたジョッキと缶ビールが先ず到着
この凍り具合いいですね~

しかしおつまみが中々来ず
おつまみ辞めちゃったのかな?
まぁいいやとチビチビ飲んでいると
ラーメンが出てくるほぼ直前に来ました
忘れられてたみたいですね(笑
まぁとりあえず無くなったわけじゃないと安堵


ややあって「ニンニクいれますか?」とコール
ニンニクヤサイアブラをお願いしました


DSC00741.jpg
ラーメン(850円)ニンニクヤサイアブラ
富士丸特有の綺麗な山ですね
いただきます~


DSC00742.jpg
先ずとりかからんは富士丸特有のクタヤサイ
この煮え具合がハマると病み付きに
アブラとよう合います


DSC00746.jpg
ヤサイを食べ進めていくと露豚
中サイズの豚が3枚ちょい
柔らかめの旨い豚


DSC00747.jpg
麺は見た目からワイルド感伝わるゴワモチ麺
これを啜ると改めてああ、富士丸だなぁと実感します
うねりも特徴的な食感を魅せてくれます

本日はスープが出汁感弱く、そしてちょいとぬるめ
その点は残念でした


DSC00745.jpg
そして先述の「白」
食券を渡す際オーダーすると
ラーメンに出す分の麺を少々使い
油そばにしてもらえます

これが旨い
麺の香りがダイレクトに伝わり
アブラと合わさるとこれがまた甘露
これを無料でやっていただけるのは嬉しいですね

麺量は350gほどなのでサックリ完食
でも350g以上の食後の満足感
やっぱり富士丸はいいですね
つくづく要町の閉店が悔やまれます(まだ引きずってる)

またこの一杯と白を頂きに参ります
ごちそうさまでした
  1. 2014/10/21(火) 15:47:43|
  2. ラーメン富士丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン富士丸 神谷本店@王子神谷 富士丸ラーメン 大盛り

大人しいラーメンが続いたので
荒々しくて強烈な一杯を求め
前回諸々の都合で行けなくなってしまった富士丸へ

乗り継ぎ乗り継ぎ後楽園駅
ドーム戦終わりの観客の群れに大当たり
ホークスのユニが赤いのは些か気に食わんぞ


南北線に揺られ、駅から歩くこと数分
二郎ともまた違う富士丸特有の匂いが漂ってきます
DSC01037-1.jpg
ラーメン富士丸 神谷本店

今はなき要町店のヘビーユーザーだった同行者とともに
久々の富士丸にテンションが上がりまくり
外待ち2名に接続

人数確認後、10分ほどで入店
食券でラーメン券と、大盛券と名前を変えたちょいマシ券
うっかりビールも購入

本日は複数名なので座敷に鎮座
セルフのお冷とレンゲ、おしぼりをとりに行きます

食券確認
「ビールはスーパードライ350缶とクリアアサヒ500缶があります」
なんと、そんな選択肢が!
スーパードライをお願いしました

DSC01038.jpg
先にビール到着
カッチカチに凍ったジョッキが素敵
キンキンに冷えたのが喉と脳天直撃!
そしてこのつまみがほんと堪らない
末期の要町はゆで玉子つかなかったな~

そして恒例、「にんにく入れますか?」
ニンニクヤサイアブラで
前回のモッコリ豚でのアブラ解禁でもうアブラフラッシュバックのアブラリバウンド
検診?もう知らん
富士丸でアブラ頼まぬわけにはいきません
そして…


DSC01042.jpg
富士丸ラーメン(850円)+大盛(170円) ニンニクヤサイアブラ

わっはっは
とてもじゃないけど美しくは見えないのに
コレを知ってるハマった人には素敵に見えるマジック
二郎よりワイルドな元二郎でありますな


DSC01043.jpg
アブラも到着
お盆から提供時すでに決壊、置くとき野菜も少し決壊
手前におしぼりで堤防

二郎を食べる基本といえば
野菜はそこそこに麺を攻めるセオリーがありますが
これはとりあえずヤサイを攻めないことには始まらんですね

富士丸特有のよく煮られたクタヤサイ
嗚呼富士丸だ…

豚も肉塊のようなのがゴロゴロと
味が染みています
スープは動物系の甘さバリバリ
ようダシが出ていました


DSC01045.jpg
でも個人的に一番ぐっと来るのは麺
カタメのゴワゴワ平太ウェーブ
大盛りだから500gちょいでしょうか
まさにワシワシと食うという表現が相応しい麺
アブラと絡ませて食べるの最高


久々の富士丸との再会を悦びつつ完食
同行者も完食、ご満悦でございました

値上げあり、場所もそんなに近くなくで
なかなか通い辛いのに
また来てしまいたくなる魅力たっぷりの一杯です

大満足の一杯、ごちそうさまでした
  1. 2014/07/10(木) 12:58:29|
  2. ラーメン富士丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0