芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

むぎとオリーブ@銀座 鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA 大盛

何とも珍しい銀座二連更新
思い返してみれば作業で2日オールの地獄の序章
もう若くもないのでキツかったな~


DSC03922.jpg
むぎとオリーブ
21:30頃の到着
ビブグルマンといえどこの時間は流石にすいています
さり気に一年以上ぶりの訪問ですが
覚えていた宿題、トリプルSOBAをオーダー


DSC03923.jpg
鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA(980円)+大盛(100円)
なんとも賑やかな表層
いただきます~


DSC03926.jpg
香味油キラキラ美し水面
三種のスープの旨みが渾然一体
調和が凄いのか駄舌なのか
三者の味をそれぞれ分類することができない(笑
ただ単一な旨味成分ではない何とも複雑に重なった味わい


DSC03927.jpg
麺屋棣鄂製しこパツ麺
どことなく日本蕎麦に近い意識を感じる
表面がスープをよく拾います


DSC03925.jpg
その手は桑名の焼きハマグリ~
まあ普通に煮蛤ですよね
提供前にココットが置かれたので
お、蛤乗るのかと身構えていました


DSC03924.jpg
低温料理むねチャーシューもだいぶ世に広まりましたね
しっとり素敵な温度管理

終わりに卓上のエシャロットオイルを垂らし
その風味を堪能しつつ完食
美味しかったのですが三位一体にしてしまうと
それぞれの特徴が薄れてしまう感じがしたので
今後食べる時は合体前のものにまた戻りそうです

ごちそうさまでした


スポンサーサイト
  1. 2016/04/19(火) 23:14:05|
  2. むぎとオリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むぎとオリーブ@銀座 蛤SOBA 大盛

澄んだ醤油を求めて
時間も少なく近場をフラフラ


DSC01285.jpg
むぎとオリーブ
お~、花ビブグルマン
14:00過ぎの到着で店内半分くらいのお客さん


DSC01286.jpg
券売機変わってる~
プラスチックから紙式に
次くる時はトリプル行こうと思っていたところでしたが
気分は蛤蛤蛤
購入後入り口近くのカウンターへ着席
そういやこの店で奥行ったことないな


DSC01289.jpg
蛤SOBA(980円)+大盛(100円)
そういや前回の来た時より30円値上げされてる
いただきますー


DSC01290.jpg
スープをひと口啜ると
これでもか!と言わんばかりの蛤の旨みがブワッ!と
広がるその旨み成分に早くもノックアウト寸前の
脅威の蛤攻撃


DSC01293.jpg
パツっとした食感の細ストレート麺
ざらりとした表面がとても特徴的


DSC01292.jpg
蛤が5個ばかり、少し減った印象?
身はダシガラっぽくてちょっと残念


DSC01291.jpg
低温鶏チャーシューは相変わらず柔らか
ジューシーで肉の味もちゃんとする
蛤の邪魔をしないいい役者
山芋と揚げナルトも健在
しかし以前は豚チャーもあったのですが今回ナシ
値上げ+具の大幅なトーンダウン
実に残念


三つ葉の香りよく、後半エシャロットオイルも投入しつつ完食
強烈な蛤感とコハク酸で口の中じんわり
スープは申し分ないですがその他はちょっと不満の残る一杯

ごちそうさまでした
  1. 2015/01/13(火) 15:52:58|
  2. むぎとオリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むぎとオリーブ@銀座 鶏SOBA 大盛

これ食べたい!というものが定まらぬ日
自分の中の麺カレンダーと今の気分とにらめっこ
とりあえず醤油ですっきりが食べたい
悩みに悩んで選んだのが

むぎとオリーブ(外観忘れ)
二度目の訪問夜初訪

気分はハマグリ寄りだったのが
妙な冒険心が出て鶏SOBAを注文
食券を渡し、ゆっくり待ちます

DSC00899_2014111413050522b.jpg
鶏SOBA(850円)+大盛(100円)
色々載っていて賑やかな様相ですな
いただきます


DSC00903_20141114130506d7d.jpg
先ず想像と違い面食らったのはスープの色の濃さ
かなり特徴のある醤油がドドっと押し寄せてくる感
鶏云々より醤油で圧倒されそう
あっさりというよりは鶏油が結構浮き
濃いほうにシフトされているのかも

DSC00902_20141114130507d9f.jpg
麺屋棣鄂の細麺
ザラっとしてパツっのこの手の王道ですね
大盛なので麺量もなかなかあります


DSC00901_201411141305085b3.jpg
だいこ…、山芋ですね
この前食べたのにまた同じ過ちを…(笑
三つ葉がいいですね、日本の誇れるハーブです


DSC00900.jpg
低温調理の肉群
胸肉をしっとり美味しく頂ける
素敵な調理法だと思います

エシャロットオイルを垂らしつつ完食

醤油の癖が個人的に余りハマりませんでしたね
でも気になるメニューもあるのでまた来たいと思います

ごちそうさまでした

  1. 2014/11/14(金) 13:25:22|
  2. むぎとオリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むぎとオリーブ@銀座 蛤SOBA 大盛

少し大変だったお盆前
食欲がガクンと落ちた頃合
今日ならば量も物足りぬことはなかろう、と
腹と相談

みゆき通りから入って歩くこと1分
少し怪しい空模様

DSC00185.jpg
むぎとオリーブ
今年OPENの銀座界隈の有名店
女性客にウケそうなラーメン屋ぽくない店構え


DSC00186.jpg
事前情報を得ていたものの、悩ましいラインナップ
幸運にも並びなしですぐ入れました


店内に出迎えるは二郎にありそうな券売機
表題と大盛券を押し、カランと食券が出る音

店内にはラーメンに関わる薀蓄がたくさん
のんびり待つこと10分強


DSC00187.jpg
蛤SOBA(950円)+大盛(100円)
色彩の良い立体的なビジュアル


DSC00192.jpg
蛤のじんわりとした出汁がやさしい
舌先にきゅーっとくるコハク酸の旨み

京都の棣鄂(ていがく)と開発した麺とか
一部で流行の低加水っぽいパッツリ麺
スープをよく吸います


DSC00188.jpg
最近みかける低温調理チャーシュー
丁寧に作られているのか、わずかなパサつきもなく
しっとりしていて旨い


DSC00189.jpg
蛤も想定よりたくさん入っていました
殻いれココット付


DSC00191.jpg
他の具は海苔、三つ葉、揚げたナルトかカマボコか
おっ、拍子木切りの大根か?
食べてみたらねっとり、山芋の拍子木切りでした
恥ずかしながら見た目で判らず(汗
合う合わないは置いておいて具として面白いですね


大盛の麺量は、これ系にしては意外と多めな感じ
途中から卓上のエシャロットオイルを投入
がらりと風味が変わります
つるっと完食完飲
食後感的に丁寧な作りで好印象でした

強気な客回しの女性店員さんも印象的

ごちそうさまでした
  1. 2014/08/13(水) 18:20:05|
  2. むぎとオリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0