芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

中華そば べんてん@成増 ラーメン大盛

練馬区に移転後も人気の衰えないべんてん
しかしその人気故、行列の問題が噴出
なかなか難しい問題でありますね


DSC04774.jpg
中華そば べんてん
まだ並びルール変更前
11:30接続、並び24名
1時間くらいでやっと店前くらいの流れ


DSC04775.jpg
ガッチリ凍ったグラスに冷えたビール
ピリリと辛いメンマでラーメンを迎える準備をば
丁度茹で湯を換えるタイミング、何となくラッキーな気分


DSC04778.jpg
ラーメン(800円)+大盛(200円)
折り畳まれた麺が麗しい水面
いただきます~


DSC04783.jpg
どことなく柔らかい色合いのスープ
柔和な表面とは裏腹
しっかり骨太な出汁の旨みを追っかけるスッキリとしたキレ
手練の業を感じます


DSC04780.jpg
麺の旨さも相変わらず
今回醤油でしたので調理の関係上塩より柔目の茹で加減
絶妙な柔らかさがべんてんの真骨頂


DSC04782.jpg
しっとりとしたロースチャーシュー
スッと歯の入る柔らかさ
腹具合さえ許せば増す価値は大いにありますな

麺量は茹で前700g、スルスル進み完食
醤油もかなりストライクな一杯
時間的になかなか足繁く通うのは難しそうですが
万難を排しても食べたくなるラーメンになりそう

あとは行列問題が落ち着きますように

満足の一杯、ごちそうさまでした

スポンサーサイト
  1. 2017/02/14(火) 18:10:29|
  2. 中華そば べんてん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華そば べんてん@成増 塩ラーメン大盛

べんてん復活の報せを訊きこの上なき喜びを感じつつも
なかなか伺えなかったジレンマ
2016年平日快晴ようやく、ようやく訪問が叶いました

遠目から店を確認すると
お、行列少ない。と思いつつ嬉々としていると
交差点を挟んで並びをみてあっ…(察し)


DSC04621_R.jpg
並びの情報を事前に調べてなかったので危うく見落とすところ
大行列故の対応でしょうね
この辺りで並び11名


DSC04624_R.jpg
べんてん
20分くらいで店頭のほうに到着
店頭に3名ほどが並ぶようになっているようです

DSC04622_R.jpg
交差点のほうに並ぶことを知らない方が
いきなり店頭に接続、並びはあっちですよとinfo

いよいよ入店、厨房に田中店主と息子さん
店内は黒が基調
旧べんてんより通路が通りやすくていいですね
注文は申告制ではなく食券になってます


DSC04627_R.jpg
これはやっぱり外せません
復活の感慨と共に流し込みます
そしてつまみのメンマの旨さに衝撃
こんなに旨味濃かったっけメンマ、かなり好みな味付け


DSC04628_R.jpg
塩ラーメン(900円)+大盛(200円)
ジュッと熱した油の音
旧べんてんの仕舞い時にたべた塩をオーダー
いただきます


DSC04630_R.jpg
ひと口啜るとよみがえる高田馬場
ガラのどっしりしたベースに塩のキレが立っています
鼻腔を抜ける魚介も心地よいです


DSC04629_R.jpg
畳まれた麺線が美しい中ストレート麺
以前より心なし細くなった印象
べんてんといえば柔目という感じだったので
かための食感にちょっと驚き
そのせいで細めに感じた可能性
しかし心地よいのど越しは変わらず
ツルツルと食べ進めます


大盛は700gと以前の1000gからサイズダウンしたものの
しっかりとした食べ味があるので満足
ついつい汁まで啜りきり完食


ブランクも感じさせない
思い出補正に全然負けない流石の新べんてん
復活おめでとうございます、そしてありがとうございます

醤油とつけも食べに来ねば…

満足の一杯、ごちそうさまでした

  1. 2017/01/17(火) 22:33:36|
  2. 中華そば べんてん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

自家製中華そば べんてん@高田馬場 塩ラーメン 中盛

失敗した…
閉店の一報を聞いたときに
即昼食に飛び出しておけばよかったのに

失敗した…
夜の部にもっと行っておけばよかったのに

初めて訪れたのは2013年5/18
もっと早く知るべきだったお店だと後悔しました
営業時間も生活リズムに合わなかった
生活圏に高田馬場は大して近くもなく
それでも定期的に足を運びたくなる
妙な魅力を持ったお店でした

今回で数えて14回目の訪問です



早朝6時の電車
着いたのは6:40位でしょうか
既に行列30名以上!
twの情報のカオスっぷりでしってはいたものの
衝撃を受けました
DSC009490.jpg


某ラーメン店店主や、ブロガーの方々など
行列もなんとも濃い


4時間半をひたすら待つ
ここに来るまで
そこまでして私は食べたいのでしょうかと
何度も何度も逡巡すること1週間
結局毎回出た答えは
「食わぬ後悔より食って後悔」でした


途中店員さんのカウントが入り
開店前に品切れ
開店前閉店というわけのわからないことになっていますね

少々前倒しで開店
じわじわと進む列に
いよいよかと胸が高鳴ります
私が列の先頭に来るころには既に11:40くらい

DSC00955.jpg
べんてん
ちょっと雲が怪しくなってきました
ぽつぽつと降りてきていますね
しかし傘を開くことなく入店

店内には助手さんひとり
丁度お湯替えのタイミングでしたね

「ご注文どうぞ~」
心に決めていたメニュー
「塩ラーメン中盛とビール」
と告げました

最後には何を食べよう…
ここの代名詞「つけ麺」か
個人的に1番注文した「ラーメン」か
はたまた特徴のある「冷やし油そば」か

何故塩を選んだのか
塩は以前に1度くらいしか食べたことがなく
食べた時超絶塩辛く、薄めてもらった始末
それでも塩を頼んだのは何故か
この時正直自分でもよくわかりませんでした


DSC00959.jpg
先ず定評のあるビールが
おつまみが心なし多めな気がして嬉しい
お湯替えタイムをゆっくりとビールで過ごします
メンマ旨い

そしてビールもなくなる頃
ジュッとあがる煙と油の音
そろそろ来ますね

DSC00961.jpg
塩ラーメン(900円)+中盛(100円)
麺線を整えて綺麗に畳むところが大好きです
いよいよ人生初5時間並んで注文した
ラーメンと相対することになりました

魚介のとてもいい香りが立ち上ってきます
スープをひと口
魚介のダシがぱっと広がる感じがたまらないです
塩味もスープの旨みを引き立てるくらいの丁度よさ
前回の濃い塩味は何だったのでしょう
塩ってこんなに旨かったのか!

DSC00962.jpg
べんてんのチャーシュー
食べ応えあるのにやわらかい
なんとも不思議なチャーシュー

DSC00963.jpg
大人気のメンマは夜に訪問すると
ほとんど売り切れていました
納得の旨さのメンマ


DSC00965.jpg
しかし何といっても
べんてんの中で1番好きなのは麺!
小麦の香り高く、丁度の硬さに茹でられ
啜るたびに幸せを感じる麺です
大盛りにしなかったことを後悔
ラーメンもつけ麺も大盛食べたけど(勿論完食しました)
塩はついに大盛で食べることは叶わなかったみたいです

するすると食べ進め完食
塩スープと麺のコラボ最高です
とても美味しかった!

塩を選んだ理由が少しだけわかったような…
650gの食べ味強力な塩ラーメンなんて
代替が利かないからかも
麺好きの本能でしょうか

「ごちそうさまでした」
「ありがとうございました~」
お会計を済ませ店を出ます、まだ雨は降り出していませんでした

DSC00954.jpg
変化というものは嫌でもやってくるものですね
食材が変わったり、環境が変わったり
加齢で感覚が変わったり
不変というものがどれだけ尊いものか
今回改めて感じたような気がしました

1年しか通ってないのにちょっと大仰でしたか
ごちそうさまでした、復活するといいな
  1. 2014/06/27(金) 11:25:04|
  2. 中華そば べんてん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0