芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

覆麺 智 @神保町 六代目覆麺 特盛

覆麺のデフォルト六代目は日替わりで微妙に異なるらしい
しかも塩もあるということでレッツ豪


DSC05244.jpg
覆麺 智
気づけば覆麺強化月間
15:00頃の到着
限定狙いじゃないときは心に余裕があっていいですね
売り切れに怯えないから(笑


DSC05245.jpg
覆麺塩(880円)+特盛(200円)
塩になると透明度がより際立ちますね
トッピングはいつもの味玉に青唐
いただきます~


DSC05246.jpg
スープをひと口啜ってみれば驚くほど鶏
塩だからより顕著に感じますね
鶏出汁はじんわりと沁みるのが常だと思っていたのですが
阿波尾鶏の旨味がドドドとやってくる上品なのに力強いスープ


DSC05247.jpg
麺はいつもの黄色鮮やかな細麺
ではなく中細の四角い麺
デフォ麺はカタメなので全体的にソフトな印象になりますな、
デフォで200gという基本でも嬉しい大盛りスタート
特盛で合計400g

鶏出汁を飲み切り完食
正直印象は塩になると覆麺っぽくないなぁという(笑
しかし鶏出汁の強烈さは旨さは間違いなしでしたね。

ごちそうさまでした


スポンサーサイト
  1. 2017/06/14(水) 17:13:04|
  2. 覆麺 智
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覆麺 智 @神保町 ホタテ冷やしませぞば 

カラッとしていたのに太陽光線が
ジリジリと攻めてくるそんな五月後半の暑さの前

この日は雨がふり、結構な涼しさ
そんな寒い日に冷やしを食べに行く最高の天邪鬼っぷり


DSC05321.jpg
覆麺 智
15:00過ぎの到着
先客5名


DSC05322.jpg
久美子ォ!(古い)
立派な貝殻
刺身でイケるホタテをふんだんに使用とのこと


弟子の花木さんがご対応
この時間大将いないんだよなぁ~
でも花木さんの一挙手一投足がもう堂々としていて
立派なんですよね

トッピングをいつも言い忘れる問題
味玉青唐でお願いします


DSC05324.jpg
ホタテ出汁冷やしまぜそば(900円)+特盛(200円)
普段の冷やしより100円アップ、果たしてその実力は
いただきます~


DSC05328.jpg
旨味たっぷりコラーゲン、キンキンに冷えています
正直ホタテってイマイチね~、ほら、刺身だと淡白だし…
と思っていた時が私にもありました、食べる直前までは
ブワッとくる強い帆立の旨味と香りに圧倒
あまりの力強さに驚きを隠せませんでした
ビックリするほどホタテ


DSC05327.jpg
普段のラーメン用ではなく冷やし用の平打麺
力強い帆立出汁を口元まで引っ張ってくれます
麺上げ後の入念なヌメり取りは必見
口中の温度で解ける出汁の変化が面白いです


DSC05326.jpg
レモンを搾ったりして爽やかに頂いたり
帆立ディップ?これで慣れてきた帆立の旨味に
新たな刺激を入れてみたり


DSC05329.jpg
残り数口で熱いスープを頂きます
残りコラーゲンがすっかり溶けて冷やし塩ラーメンに
花木さん最初に乗っけるはずだったハムを忘れたらしく、この時貰いました
立派とはなんだったのか(笑

やっぱトリュフオイルいいなぁ


特盛りで400g
飲み切り完食
帆立でこんな複雑な旨味が出せるんだなぁということ
帆立=旨味はあるけど淡白
という既成概念にとらわれていた自分に喝

帆立はもう終了ですが6月は鮟鱇ということで
また興味深いところ

大満足の一杯、ごちそうさまでした



  1. 2017/06/06(火) 18:41:08|
  2. 覆麺 智
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覆麺 智 @神保町 六代目覆麺 特盛

そういえばアレだ
冷やしやら月別ばっかでデフォの覆麺最近食べてないじゃん
デフォがブラッシュアップされて六代目とな


DSC05162.jpg
覆麺 智
15:30頃の到着
先客2名

塩か醤油が選べます、この日は醤油をチョイス
デフォの覆麺も曜日によって微妙に違うようで
月木金と出汁の違いと塩か醤油、最大6種のデフォ覆麺が楽しめます


DSC05166.jpg
覆麺(880円)+特盛(200円)
トッピングは味玉に青唐
いただきます~


DSC05169.jpg
透明度の高い上質な清湯
金曜日なので阿波尾鶏と牛骨、乾物そして煮干の日
複雑ながらも雑味のない深い旨味を感じるスープ
昔の覆麺を感じさせつつも幾分か上品になったような印象
麺も変わったとのことですが、あまり違いがわからず
いつものように黄色が映える細麺です


DSC05167.jpg
ピリピリ青唐で爽やかな辛さ
チャーシューも汁でほとびる柔らかさ
もやしはデフォで乗らなくなりましたが
折角の出汁が薄まってしまうので賛成

特盛400gを汁まで啜りきり完食
今までの良さを踏まえつつ、新たにブラッシュアップしている
進化の止まない覆麺智でした

満足の一杯、ごちそうさまでした


DSC05170.jpg
食べた帰り、覆麺智のお持ち帰り肉味噌まぜそばを初めて買ってみました
麺をつけてもらうことも出来ましたがとりあえず肉味噌だけ(500円)


DSC05171.jpg
あけてみるとそこには肉味噌…ではなく
フライドオニオンかな?(エシャロットでした)の層が先ずお目見え
ニンニクの香りがいい感じです


DSC05175.jpg
麺の上にあけてみると二人前はいけるんじゃないかと
いうくらい想像よりたっぷりの肉味噌が出てきました
お店だと細麺ですがここは自前の太麺で
葱を散らして卵黄を乗っけて、王道のスタイル
甘辛い肉味噌は太麺とも勿論バッチリ
追い飯して余すところなく完食

二食続けて覆麺というちょっと贅沢な一日となりました

  1. 2017/05/23(火) 17:12:59|
  2. 覆麺 智
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覆麺 智 @神保町 カキ出汁冷やしませぞば 特盛

前回、牡蠣の悪ーい奴を頂き
牡蠣強化月間を終えようとしたら
週末に冷やしやりますとの張り紙!
夏の限定がまさかの2月に大フライング
しかし週末は外せない予定ががが


DSC04928.jpg
覆麺 智
来ちゃった♥
用事の前に食べていく作戦
なので久々の開店前待機

ご店主が
週末暖かくなるっていうからさ。と見越して冷やしを用意したとか
それが的中2月にあるまじき暖かさ


DSC04930.jpg
カキ出汁冷やしませぞば(800円)+特盛(200円)
ああまさか2月に会えるなんて
2017年冷やし一番乗り?
いただきます~


DSC04932.jpg
がっつり冷えたぷるぷるコラーゲンスープをひと口頂くと
口腔内の熱でじんわり溶け出す牡蠣の旨味
冬場でも歯茎にキーンと来る振り切れっぷりがたまらない


DSC04931.jpg
まぜそばなので混ぜにかかります
ギュッとしまった麺とキンキントロトロのスープ
官能的に絡む食感の妙
夏場の水菜の変わりに恐らくは紫キャベツのスプラウトかな?
色彩に幅が広がり、見目楽しや


DSC04935.jpg
しかし流石に冬は冬
流石に冷えて口の温度でコラーゲンが溶けなくなってきた頃スープで割っていただけます
このオイルはいつもの?
「白トリュフだよ」ニヤリ
とご店主
コラーゲンが一気に溶け
牡蠣とオイルが渾然一体となる塩ラーメンに大変化
これ単体で最初からいただきたくなる圧巻の旨さ


珠玉の牡蠣スープを飲み干し完食
アイスは冬に美味い。的な魔力を秘めているような
旬の2月の牡蠣冷やし
気温とご店主のサプライズに気分よく神保町を後にするのでした

満足の一杯、ごちそうさまでした


  1. 2017/03/06(月) 19:30:46|
  2. 覆麺 智
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覆麺 智 @神保町 カキ出汁の悪い奴

覆麺智、牡蠣強化月間
二回目は水曜日の悪い奴を狙います


DSC04920.jpg
覆麺 智
水曜日は15:00までの営業(売り切れ終了)
14:00頃の入店、先客3名ほど
待ちなしでラッキー
しかしやっぱり慣れない新券売機(笑

カエシの濃さを訊かれましたので
ちょっと濃い目でお願いしました


DSC04922.jpg
カキ出汁の悪い奴(1000円)+特盛(200円)
トッピングは味玉青唐で
いただきます~


DSC04924.jpg
グワァラゴワガキーンと旨みがかっ飛ぶ悪い奴
牡蠣出汁に豚骨鶏魚介と追った超強烈な出汁のインパクツ
塩もいいものですが、醤油のコクが加わり
これでもか!と云わんばかり、旨し


DSC04923.jpg
悪魔肉は獣臭少なく食べやすい味付け
そして恐らくネックミートに牡蠣を和えたやつ
この工夫が牡蠣の風味とコッテリ感が渾然となり
素敵なトッピングに


出汁に翻弄されながら汁まで啜り切り完食
牡蠣好きをどっぷりと心酔させてくれる素敵ラーメン
次回の牡蠣月が早くも待ち遠しや

大満足の一杯、ごちそうさまでした


  1. 2017/02/27(月) 19:39:00|
  2. 覆麺 智
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ