芽生え麺録

食べた麺+αを淡々と記録、若干の大盛要素

自家製中華そば べんてん@高田馬場 塩ラーメン 中盛

失敗した…
閉店の一報を聞いたときに
即昼食に飛び出しておけばよかったのに

失敗した…
夜の部にもっと行っておけばよかったのに

初めて訪れたのは2013年5/18
もっと早く知るべきだったお店だと後悔しました
営業時間も生活リズムに合わなかった
生活圏に高田馬場は大して近くもなく
それでも定期的に足を運びたくなる
妙な魅力を持ったお店でした

今回で数えて14回目の訪問です



早朝6時の電車
着いたのは6:40位でしょうか
既に行列30名以上!
twの情報のカオスっぷりでしってはいたものの
衝撃を受けました
DSC009490.jpg


某ラーメン店店主や、ブロガーの方々など
行列もなんとも濃い


4時間半をひたすら待つ
ここに来るまで
そこまでして私は食べたいのでしょうかと
何度も何度も逡巡すること1週間
結局毎回出た答えは
「食わぬ後悔より食って後悔」でした


途中店員さんのカウントが入り
開店前に品切れ
開店前閉店というわけのわからないことになっていますね

少々前倒しで開店
じわじわと進む列に
いよいよかと胸が高鳴ります
私が列の先頭に来るころには既に11:40くらい

DSC00955.jpg
べんてん
ちょっと雲が怪しくなってきました
ぽつぽつと降りてきていますね
しかし傘を開くことなく入店

店内には助手さんひとり
丁度お湯替えのタイミングでしたね

「ご注文どうぞ~」
心に決めていたメニュー
「塩ラーメン中盛とビール」
と告げました

最後には何を食べよう…
ここの代名詞「つけ麺」か
個人的に1番注文した「ラーメン」か
はたまた特徴のある「冷やし油そば」か

何故塩を選んだのか
塩は以前に1度くらいしか食べたことがなく
食べた時超絶塩辛く、薄めてもらった始末
それでも塩を頼んだのは何故か
この時正直自分でもよくわかりませんでした


DSC00959.jpg
先ず定評のあるビールが
おつまみが心なし多めな気がして嬉しい
お湯替えタイムをゆっくりとビールで過ごします
メンマ旨い

そしてビールもなくなる頃
ジュッとあがる煙と油の音
そろそろ来ますね

DSC00961.jpg
塩ラーメン(900円)+中盛(100円)
麺線を整えて綺麗に畳むところが大好きです
いよいよ人生初5時間並んで注文した
ラーメンと相対することになりました

魚介のとてもいい香りが立ち上ってきます
スープをひと口
魚介のダシがぱっと広がる感じがたまらないです
塩味もスープの旨みを引き立てるくらいの丁度よさ
前回の濃い塩味は何だったのでしょう
塩ってこんなに旨かったのか!

DSC00962.jpg
べんてんのチャーシュー
食べ応えあるのにやわらかい
なんとも不思議なチャーシュー

DSC00963.jpg
大人気のメンマは夜に訪問すると
ほとんど売り切れていました
納得の旨さのメンマ


DSC00965.jpg
しかし何といっても
べんてんの中で1番好きなのは麺!
小麦の香り高く、丁度の硬さに茹でられ
啜るたびに幸せを感じる麺です
大盛りにしなかったことを後悔
ラーメンもつけ麺も大盛食べたけど(勿論完食しました)
塩はついに大盛で食べることは叶わなかったみたいです

するすると食べ進め完食
塩スープと麺のコラボ最高です
とても美味しかった!

塩を選んだ理由が少しだけわかったような…
650gの食べ味強力な塩ラーメンなんて
代替が利かないからかも
麺好きの本能でしょうか

「ごちそうさまでした」
「ありがとうございました~」
お会計を済ませ店を出ます、まだ雨は降り出していませんでした

DSC00954.jpg
変化というものは嫌でもやってくるものですね
食材が変わったり、環境が変わったり
加齢で感覚が変わったり
不変というものがどれだけ尊いものか
今回改めて感じたような気がしました

1年しか通ってないのにちょっと大仰でしたか
ごちそうさまでした、復活するといいな
スポンサーサイト
  1. 2014/06/27(金) 11:25:04|
  2. 中華そば べんてん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びんびん豚@鶴瀬 汁なし大 

健康診断に向けての絶え間ない減量の責め苦から少々息抜き
夜のカーボはとんでもないと認識してはいるものの
家まで歩く!と相殺を目論み自分を鼓舞しつつ
最近開店した野郎ラーメンの
ぼちぼちのお客さんの入りを尻目に向かうはこちら

DSC00924.jpg
びんびん豚

店主さんは屯ちんやジャンガレのご出身
朝霞のモッコリ豚の初代立ち上げ店長さんでもありました

以前は0:00まで営業されていましたが
人手不足により22:00までの営業となってしまい
少々ハードルが高くなってしまいました

入店直後おお!と思ったのは
店主さんと以前モッコリにいらっしゃった助手さん(コワモテ)
お~、なんと懐かしきモッコリ空間
あの頃のモッコリメモリーが蘇ります

助手さんの「きょういくつ?」の問いに
「600お願いします」と告げ
汁なしボタンをポチー
増税後も汁なしはお値段据え置き

麺増しにも制限がかかったようで
600gまでとなったみたいです

あれ、800gから用のすり鉢用意してる…
「汁なしは混ぜにくいから~」
おお~、有り難いです

ちょこちょこ笑ってしまう小ネタを挟みながら
「今日は?」とトッピングの確認
「ヤサイニンニク辛みエビマヨで」
アブラ自重、自重…
いつか反動来るかも

そしてドンとカウンター上に
DSC00918.jpg
汁なし大(900円)ヤサイニンニク辛みエビマヨ
素敵な盛りいつもありがとうございます
すり鉢は相変わらず迫力がありますね

別皿ヤサイにもマヨが乗ってます
ヤサイをまず一口食べて糖の吸収をゆるやかに


DSC00919.jpg
相変わらずカオスな盤面です、でもこれがほんとに旨い
箸をいれ、しっかりかき混ぜて底のたれを麺によう絡めます


DSC00922.jpg
ねっとりと味の回った麺の最初の一口
ん~、最高!
こってり濃厚な旨みが舌と脳天を直撃
脳内麻薬がドンドコ出てきます


DSC00921.jpg
豚は一枚、巻き豚で柔らか
すり鉢の大きさの対比効果で小さく見えますが普通サイズ
ひと口食べて、一緒に汁なしの渦へ巻き込んでいきます


具の色々な味わいや食感をたのしみつつ完食
600gの麺も食べ応えありますね
麺増し無料は本当に頭が下がります


夜の道を腹ごなしに徒歩で帰宅
大満足の一杯、ごちそうさまでした
  1. 2014/06/24(火) 13:42:22|
  2. びんびん豚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺屋 永太@蕨 ラーメン大盛

かつての板橋にあった富士丸のヘビーユーザーだった男と
神谷本店に行こうじゃないかと意気投合したその予定の日
彼に急な仕事が入り断念せざるを得なくなってしまった
くぅ~、何かないか何か…

そういえば兼ねてから伺いたかった新店が…
池袋から埼京線→京浜東北線と乗り継ぎ向かいしはこちら
DSC00930.jpg
麺屋 永太
2014年6月末に閉店されるという
高田馬場の名店「べんてん」で
修行を積まれた若き店主のお店です
前店では爽やかな笑顔と接客が印象に残っています

OPEN間もない綺麗な内装
入り口から見える製麺室
調理場にそびえ立つ圧力釜
ワクワクしますな

券売機で食券購入
ラーメンの大盛は500gまで
特盛は750gまでいけるようですが
大盛完食者のみとの注意書きがありました
特盛行きたかったですが一見ですので
大人しくラーメンと大盛をポチり(ついでにビールをポチり)
麺量の確認があったので500gでお願いしました

よく冷えたグラスとおつまみとともに
DSC00932.jpg
赤星ですよ、しっかりとした苦味が最高!
熱処理万歳

ビールとつまみを愉しみながらラーメンを待つ至福のひと時
そしてビールも終わる頃
DSC00934.jpg
ラーメン(750円)+大盛(100円)
写真では伝わりづらいですが、大きい器で迫力あります

乳化してしっかり濁っているのに
トロみを感じないさらっとしたスープ
あと口が重くなく旨い


DSC00937.jpg
麺はかなり太目
ストレート麺でのど越しがよいです
うまいぞ自家製麺

DSC00936.jpg
チャーシューは修行先のべんてんに近い感じですが
それよりホロ気味で少々食べ味が物足りなかったです

するすると食べ進め完食
これは特盛りを頼みたかった…、麺がかなり好みでした
少したつとスープの水面に膜が
これだけコッテリしてるのにこのあと口の軽さは凄い

満足の一杯、ごちそうさまでした


帰り道ふと鼻腔に感じる残り香は
べんてんで食べた後の残り香と同じように感じました
麺の形やスープの感じが違っていても
修行先のベースがしっかりと根付いてる
そんな風に感じつつ帰り路につきました

少々交通の便が私的によろしくないですが
近いうちの再訪を禁じえません
  1. 2014/06/20(金) 17:28:47|
  2. 麺屋 永太
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 桜台駅前店 大ラーメン

定期健診までは…、までは…。

麺欲を耐える私に同僚からの甘いささやき
「二郎行きましょう?」に
行きましょう!
逡巡することなく返してしまう罪

DSC00916.jpg
ラーメン二郎 桜台駅前店


いや、ここは罪の意識に苛まれるのではなく
一緒に二郎に行ってくれる人がいることに感謝しながら
二郎を堪能することにしましょう、3名での入店です


並び3名に接続
食べる速度の順で我々も並び順を変えます
列待機中に麺量確認
「大で」と告げ食券を購入と
あら、値段が違う
以前より50円ほど値上げした模様です

回転早くするりと着席
幸運にも皆同ロットで、同僚ひとりと連席することができました
ラジオと麺の啜る音だけが聴こえる
いか二空間(いかにも二郎っぽい空間)でゆっくり待ちます

ややあってコール「大の方にんにく入れますか?」
「ヤサイニンニク…で」
検診への精一杯の罪滅ぼしとして
アブラを自重することを決めていたのですが
普段の癖でちょっと出てしまいました(恥


DSC00911.jpg
大ラーメン(800円)
おお、なんとも今回の桜台は盛りが綺麗だ…



DSC00914.jpg
後味にほんの少しだけ酸い味を感じる
桜台安定の乳化スープ
ヤサイをパクつきつつ麺を引き上げ

麺かためコールが多い中、デフォ茹で時間
太め幅広ちょいデロまで行かない程度の柔らかさ
これもモチモチで旨い



DSC00913.jpg
豚は大きいかたまりが2つとほぐし気味の豚が少々
ひとつはガッチリ固い豚、もうひとつは柔らかふわ豚
両者の違いを楽しみつつ味わいます

最後の麺まで残さず掬い、ロット一番で完食
先に退店します

しばし待ち大満足の同僚とがっつり歩いて帰宅
ごちそうさまでした
  1. 2014/06/20(金) 14:09:31|
  2. ラーメン二郎 桜台駅前店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東池袋大勝軒 @東池袋 中華そば大盛

少々肌寒い6月の夜
まだまだラーメンを美味しく頂ける気候ですね

東池袋で途中下車、改札が工事中なので
若干ですが遠回りになってよろしくないです

そんな小さな不満も店の前に来るとすっかり忘れてしまいました

DSC00904.jpg
東池袋大勝軒

うお、テラス席(?)に人が
21:00頃の到着、テーブル席は満員の模様です

お、券売機が新しくなってる
以前のおつりレバーが壊れてしまっていた券売機はお役ごめんになった模様です
中華そばと大盛をポチポチと、カウンターでゆっくり待ちます

するとお客さんがぞろぞろと、カウンターもほぼ満員になってしまいました
こりゃ少し待つかな~?と思っていたら…
「中華そば大盛りお待たせしました~」

DSC00908.jpg
中華そば(750円)+大盛(200円)
おお、提供早い
素敵盛りいつも有難うございます

DSC00909.jpg
安定のスープは熱々、塩気もかなり好みの度合い
麺は少々カタメに仕上がっておりプリプリで旨い
チャーシューは小ぶりながらスッと噛み切れる柔らかさ

DSC00906.jpg
1/3ほど麺を食べ進めたところで
卓上調味料を投入

DSC00910.jpg
にんにくと豆板醤の黄金バッテリー
旨辛味変、いくらでも食べられそう~

惜しみつつ麺を掬い完食
流石大勝軒と思わせる完成度の高い
満足の一杯、ごちそうさまでした
  1. 2014/06/18(水) 12:02:10|
  2. 東池袋大勝軒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン そら@上福岡

まだまだ雨天が続きます
土日と雨が続くとバイクのバッテリーが…
冷たい雨の中、熱い一杯を求め
254をひた走り

DSC00903.jpg
ラーメン そら

二郎と富士丸で研鑽を積まれたというご主人のお店

板橋の富士丸が突然閉店してから一年
富士丸の味を欲してもなかなか
神谷や梶原に食べに行くことが適わず

初めてこのお店を訪れた時、この富士丸色の看板に
思わず食べる前から心ときめいてしまったものです

13:50頃入店、先客2名
ラーメンとちょい増し、あとメンマも購入

「どのくらい食べますか?」と訊かれ
「600お願いします」と

調理場の製麺機など眺めつつ待つことしばし

「何か入れますか?」とトッピング確認
「ニンニクアブラお願いします」
健康診断対策で胃が少々縮んでいるので
遭難対策にヤサイ増しは控えます

そして
DSC00896.jpg
ラーメン(650円)+ちょい増し(150円)+メンマ(50円)
この値段でこのボリュームは嬉しいです
ひたひたスープ、迫力あります

スープは動物形の甘み際立つスープ
ヤサイは一般の店と一線を画す少しクタクタな野菜、だがこれが旨い


DSC00898.jpg
麺は太く、ゴワゴワ感多目の食べ応えある太麺
オーション使用のようですが、二郎とも富士丸ともつかない
個人的に一番独自色を感じるのがこの麺だったりします
他のインスパと違い丼が大きくて食べやすいのが嬉しいです


DSC00901.jpg
別皿アブラを頂いてしまいました
麺を投入し卓上のカエシ投入でセルフ油そばに
楽しいな~、旨い!


DSC00897.jpg
本日の豚、一見固そうに見えましたが
スープ少しひたして食べるとホロっと崩れる
稀に塩気の強い豚のときがあるのですが
今日はそんな事もなく、完全に当たり豚でした
メンマもナイスアクセントです


DSC00902.jpg
昼の部の終客だったからか、生玉子を頂いてしまいました
ありがとうございます

二郎やインスパで生玉子ある店はこれができるからたまりません
ホロ豚や麺と濃厚に絡み至福の時を迎えます

あれやこれと楽しみながら完食

大満足の1杯、ごちそうさまでした
健康診断終わったらまた伺います
  1. 2014/06/13(金) 19:58:06|
  2. ラーメン そら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一条流がんこラーメン 総本家 @四谷三丁目

関東の梅雨入り発表後
すっきりしないお天気が続きます
この日もなんだかすっきりしない天気でした

そんな中まず訪れたはこちらDSC00887.jpg
なか卯 四谷三丁目店

ん?
表題と違うじゃないか…

実はライスの持込が可能なお店なので
こちらでまずお持ち帰りでご飯を購入します
白飯(130円)を購入
さぁ冷めぬ内に行きましょう

歩くこと5分ほど
DSC00891.jpg
一条流がんこラーメン 総本家

所謂「がんこ系」の創業者一条安雪氏のお店
歴史ある牛骨の妖しい店構え
魚介の匂いが外まで漂ってきます

先客4名、14:30頃にもかかわらず次々と後客も来て
カウンターが全て埋まってしまいました

家元から「さぁ、今日は何を食べる?」
今日はコレを食べたいと腹に決めてきましたので
「エンドラ大盛りで」と告げます

最近のこのお店は
昔ながらの「中華そば」と
スープに調味料の塩分を用いない
100パーセント出汁のみのその名も「100ラーメン」
あとダシと塩分が強烈に濃い「悪魔ラーメン」
この3つが基本となっているようです

本日頼んだのは悪魔の2番、通称「エンドラ」
強烈な悪魔よりいささかカエシが優しくなっています

価格改定から前払いとなったようです
支払いを済ませしばし待ちます
DSC00889.jpg
エンドラ(悪魔の2番)(880円)+大盛(100円)(持ち込みライス)
お、いつものワンタンが味玉に

スープ一口
あれ、少しダシが普段より薄い気が…
ブレかな、私の調子が悪いか?

DSC00890.jpg
カタめの茹で加減の細麺、よく絡んで美味しいです
後半になってくると柔らかくなるので両方の食感が楽しめますね

名称未設定 2「脂身好き?」 脂身部分多めに頂きました
プルプル感がいい感じです

悪魔シリーズはご飯との相性抜群
濃い味のスープとご飯を行ったりきたりしつつ完食

「あれ、ご飯あるって言ってくれれば何か盛るよ?」
ありがとうございます、すいません
今日は何となくラーメンライスを純粋に楽しみたかったので

自分が久々だったからか、単にブレたか
少々物足りなかったですが
定期的に摂取したくなる悪魔成分
ごちそうさまでした、また来ます
  1. 2014/06/12(木) 16:01:45|
  2. 一条流がんこラーメン 総本家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前原商店 @朝霞

特に予定のない、有給を消化中の昼下がり
お昼の目当てもつかないままふらふらお出かけ

そういえば行こう行こうと思いつつ
時間が合わないお店があった事を思い出し
朝霞方面へ舵を切る


朝霞台のサミットを通過し坂を下りる途中
看板のない「ラーメン」の暖簾を出している
なんとも面妖なお店がそこにありました
DSC00883.jpg
前原商店

平日と土曜のランチ時間のみの営業ということで
私的になかなかハードルの高いお店でした
以前は新座にありましたが移転された模様です

早速入店
店内薄暗く、テレビに洋画が点いていました
カウンターテーブルと奥にお座敷の仕様
何ともえも言われぬ雰囲気で
どのようなラーメンが戴けるのかわくわくします

13:30頃でしたが先客が1名
ご主人ひとりで切り盛りされているようで
先客の調理中椅子に座ってのんびり待ちます

ややあって
笑顔に特徴あるご主人が、お冷やを出しつつ注文訊きに

メニューはラーメンとライスのみの
非常にシンプルなもの

メニューにはないのですが
「大盛りはできますか?」
「できますよ」とのご返答
ラーメンの大盛と無料のライスをお願いしました
待つこと数分

DSC00879.jpg
ラーメン(650円)+大盛(50円)+ライス(無料)

おお~、インパクトある盛りです
山盛り白髪ねぎ、玉子
そしてチャーシューがゴロゴロ
このボリュームの具でこの価格は凄まじい

油膜厚めのスープは見た目どおりこってりな動物系スープ
甘味をかなり強めに感じました
ライスとともに頂くと非常に合います

DSC00881.jpg
麺は平打ち縮れピロピロ食感
かなり特徴のあるスープにまけず
がっちりと合っています

DSC00880.jpg
チャーシューは脂身多めなところありつつ
肉質はやわらか、こちらもライスと実に相性抜群
たっぷりネギも甘めな全体をピリリと引き締めるいいアクセント

ラーメンとライスの食べ合わせを楽しみつつ完食
大盛+たっぷりチャーシューとライスで食べ味も大満足

改めてこの大満足の内容でこの価格
店主さんの器量と気概に感服いたしました
お会計を済ませ笑顔の店主さんに見送られ退店

ラーメン自体にパンチが効いていて美味しいですが
ライスがそのラーメンのポテンシャルをさらに引き出してくれるような
そんな感じがした1杯でした

ごちそうさまでした
  1. 2014/06/09(月) 21:36:32|
  2. 前原商店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SHIROMARU BASE シロマルベース 梅田店

親戚の結婚式で大阪へ
晩御飯に鶴橋風月でお好み焼きを堪能
モダン焼きに使用していた麺がよい香りで
思わず「麺だけ下さい」とのたまいそうになりながら
流れで帰り道にふとラーメンを欲し、近くにないかと調べたところ

DSC00872.jpg
SHIROMARU BASE 梅田店

一風堂のセカンドブランド
こちらの店舗は2階、1階は一風堂でした

シロマルですが店内は黒基調
注文はオーダー用紙に書く模様
飲んで食べた後なので一番シンプルな
シロマルベース(ネギとチャーシューのみ)を選択
スープの濃さも選べるので特濃をチョイス
+100円で超特濃もあるようです

む、非常にきくらげが欲しいぞ…
2種で100円だが他にそそるものがない
そこで店員さんに同じもの2つが可能なことを確認し
Wきくらげで注文、麺はカタメで

注文後数分、細麺はやはり早い
DSC00866.jpg
シロマルベース(600円)+きくらげ×2(100円)
シンプルな様相、いい感じです

スープにほんのり灰色
豚骨の濃いダシにたまに見られますね
濃厚の名に恥じぬがっつり豚骨です
しかも臭みがありません

DSC00867.jpg
きくらげには豊富ではありませんがカリウムが含まれています
ラーメンの塩分に少しばかりの抵抗を…
そしてアブラたっぷりバラチャーシュー

DSC00868.jpg
王道極細ストレート
カタメのオーダーですが
体感的にはバリカタに感じました


量も控えめで締めに丁度いいですね
ごちそうさまでした
  1. 2014/06/06(金) 14:37:06|
  2. 関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覆麺 智 @神保町

梅雨が近づき、だいぶ蒸し暑くなってまいりました
そんな暑い中、運動のため秋葉原から
神保町まで靖国通りをひた歩きます
道中つじ田や御茶ノ水大勝軒を横目にたどり着いたのがこちら

DSC00858.jpg
覆麺 智

以前はマスクを被った二人組がラーメンを振舞うという
ある意味エポックメイキングなお店でした
DSC00860.jpg
今はもうマスクは被られていない模様です

本日は金曜日数量限定の「牛テール塩つけそば」狙いです
なかなか予定が折り合わず、販売開始からだいぶ時間が
経ってしまいましたが、ついに悲願成就と相成りました
14時半位の時間でしたが同じく限定の塩ラーメンは売り切れでした
つけそばと特盛ボタンをポチポチポチと…・


ここのお店は会員証があり、条件を満たすと
シールのついたカードが貰え、次回トッピングが1種サービスされます
さらに会員証にも段位があり、5段まで行くとなんと2つもサービスしてもらえます
挑戦と店主さんに告げ濃い味のラーメンを制することで昇段が成されます

トッピングに海苔と味玉(5段以上限定)をお願いし提供を待ちます
DSC00854.jpg
牛テール塩つけそば(900円) 特盛(200円)×2
感無量、やっと会え(ry

スープは揚げネギと牛テールがふた塊
こってりさとダシの旨みがたまらないつけ汁

DSC00855-2.jpg
しっかりと締められた全粒粉のつけそば専用麺
つゆがしっかり絡まりプッチリと噛み切る感触が心地よいです
牛テールも柔らかく、ホロホロと口の中で崩れます

夢中になって食べていると
「麺多いからね、もう一杯あるよ」とつけ汁の追加を頂いてしまいました
DSC00857.jpg
多謝来来、ありがとうございます

後半絶品の味玉を割り、濃厚さを愉しみつつ麺完食
スープ割をいただきました。温まりますね~

長年と言ってしまったら大げさですが
積もり積もった期待を全く裏切らずに受け止めてもらえました
とても美味しかったです

退店際の店主さんの
「いってらっしゃい、頑張ってね~」
嬉しい言葉です

ご馳走様でした、また来ます
  1. 2014/06/04(水) 14:38:04|
  2. 覆麺 智
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0