芽生え麺録

食べた麺+αの記録、若干の大盛要素

麺屋武蔵 巖虎@秋葉原 つけ麺特盛

夏休みの若者たち行きかう秋葉原
最近秋葉原の麺傾向が多いような
大盛の選択肢が多いからでしょうかね

秋葉原では飯に困るというのも今は昔
学生の頃は大通りの店ぐるんとした後
末広町駅近くの裏通りを周り
その辺にあったらんぷ亭で牛丼食べて帰ったものです

昨日の大勝軒細麺ショックをひきずってるのか
太麺の欲求が
そんなわけで量も満たせるこちらへお邪魔


DSC00081.jpg
麺屋武蔵 巖虎
秋葉原に二軒ある武蔵のひとつ
つけ麺が売りのお店です
15:00頃の入店ですがカウンターはかなり埋まっていました

今日は濃厚じゃないほうのつけ麺の食券をポチり、提示時に
「つけ麺の麺量選べます」と訊かれます
こちらのお店はつけ麺は特盛だと麺量青天井でオーダーできます
ラーメンも出来ないかな~、今度確認してみよう
腹具合と相談して900gでお願いしました

店員さんは男性3名、トレードマークなんでしょうかヒゲ率高し
ゆっくり待つこと10分ちょい

DSC00082.jpg
つけ麺(810円)+特盛900g(0円)
山の麺が二つ来ました
あふれんばかりの太麺の山、むしろ既にはみ出て…
素敵盛り有難うございます
いただきます


DSC00083.jpg
麻の実を練り込んである太麺
温度は結構ぬるめですが
小麦のいい香りが立っています
もっちり系食感


DSC00086.jpg

所謂豚骨魚介スープで酸味はほどほど
シャバ系スープなので麺はよく沈みます
つけ汁の中にメンマと角切りチャーシュー
チャーシューは炙ってあるのか香ばしい感じ

味が単調に感じてきたら卓上の柑橘系の汁(名前失念)を
酸味がリセットされてぐいぐい行けます

DSC00088.jpg

麺を完食後、ポットのスープ割を頂きます
レンゲに一杯とってみると二番だしのようなほんのり鰹の風味
つけ麺で軽く冷えた感じの胃袋を暖めて活性化してくれます

麺の特徴からか体感900g以上に感じました
この値段でこの量はやはりお得ですね~
安定の食べ応えです
ごちそうさまでした
スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 14:35:08|
  2. 麺屋武蔵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東池袋大勝軒 @東池袋 中華そば大盛

下りるは東池袋、駅近良物件
あの安定の一杯を味わいたく、大勝軒へ
しかしこの日は何かが違っていたのでした…

DSC00069_201407301344559a9.jpg
東池袋大勝軒

ほぼキャパの半分程度の客入り
ぽちぽちと食券を購入
ビールの食券もポチリ

食券提示、ここで
「大盛り食べたことありますか?」
おお、なんと!珍しく制止が入りました
初めて見る店員さんだったからですかね
「あります」と返し、普通に通りました
ビールと一緒だったからかな?そんなわけないか


DSC00073.jpg
ここでビールは初なので、私的に新鮮な光景です
スーパードライにつまみがついてきました
メンマってほんとビールに合いますね~
暑気をガッツリ払ってくれます
ややあってラーメン登場
飲んで待ってると早く感じます


DSC00074.jpg
中華そば(750円)+大盛(200円)
麺がこんもりの悦び、素敵盛りありがとうございます
でもなんか違和感が
直ぐ気づきました、違和感の正体は…


DSC00077.jpg
でした
いつもと太さがだいぶ違う!
かなり細くなっていました、こいつは衝撃
酒入ってるから感覚おかしいのかと思いましたが
前回との差にだいぶ驚きました


DSC00078.jpg
スープは安定
チャーシューは固めの大判、嚙み応え有り
この辺は変化ナシでいつもの旨さ


麺の変化に戸惑いつつも完食
う~ん、これは結構ショック
製麺のブレでしょうか、むしろブレであってほしい
近々また一度確認に行かなくては…


ごちそうさまでした
  1. 2014/07/30(水) 14:19:56|
  2. 東池袋大勝軒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉煮干し中華そば さいころ@中野 肉煮干中華そば大盛

友人に会う為、中野へ
お昼過ぎの待ち合わせのため
折角だから界隈の麺を頂こうと思案
青葉の本店か、大勝軒の元祖か
こうみると名店の数々あれど
地雷原な煮干しな気分だったのでこちらへ


1405747870433.jpg肉煮干し中華そば さいころ
なんともラーメン屋ぽくない外観(言い古された表現かな)
店内も黒を基調にBARのような設え
お洒落な室内にそぐわないぶわっと香る煮干し臭

表題の食券を購入~、ビールはこれからしこたま飲むから我慢我慢
15:00近くでほぼカウンターはいっぱい
ガタイのいい店員さんが黙々と調理しています

カウンターの前に一箇所ドンと置いてあるサーバー
ビールかなと思いきや、そこから店員さんがお冷ポットへ水追加
浄水器だったんですね~
なんとなく水も美味しい
ややあって


1405748338359.jpg
肉煮干中華そば大盛(830円)
ああ、すごい煮干しのいい香り
なんとも茶系色に覆い尽くされた風体
いただきます

スープはダシのコクと醤油の配分がいいですね
流石に煮干しをいっぱい感じます
一口啜るたびにニボシ
もう一口啜るたびにニボシ
止まらない旨さ


1405748369446.jpg
麺は中太くらいの径
この手のラーメンは細麺のイメージがありましたが(先入観ですね~)
これもスープと相性いいです
麺量はそこまで多くありません


1405748427901.jpg
これでもかと散りばめられた薄切り肉
赤身部分はちょっと固めでしたが
量がたくさんあるので食べ応えバッチリです


滋味あふるる見た目あっさりも旨みの濃いスープがとても好みです
固形物完食後スープを全部頂いてしまいました
豚がちょっと好みの外でしたが
このクオリティと大量の肉では相当お値打ちなのではないでしょうか


ごちそうさまでした
  1. 2014/07/29(火) 16:01:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モッコリ豚@朝霞 ラーメン倍盛 麺マシ

ラーメン屋でビールを飲みたくなる呪いから
未だ開放されない夜
しかし今日の気分はビールを置いていないラーメン屋
お行儀悪く朝霞台の東武ストア(24時間営業でなくなったみたい)で
缶購入後リーズナブルにくぴりと
ん~、やっぱ物足りないか
とりあえず今度から悪あがきはやめよう
朝霞台駅から歩くこと数分


DSC00057.jpg
モッコリ豚
24:00まで営業
夜が遅い人間にとって実に嬉しい時間設定です

行列は3名でしたがちょうど入れ替わりですぐ入れました
23:30過ぎだったのですが大人気ですね
そして入店して直ぐ感じる違和感


DSC00043.jpg
券売機が変わってる!
開店当初から稼動していた先代はお役御免となってしまったようです
ちょっと寂しいような、まぁお店が長く続いてる証ですね

注文受けは女性の方
「今日は量どうします?」と訊かれ
「600お願いします」と返答
いつもすいません_ _
トッピング確認はヤサイニンニクアブラをお願いします

DSC00046.jpg
夜といえど暑くなったので
おしぼりが気持ちいいです

麺上げは主に夜にお見かけする男性
先の女性と息の合ったコンビネーションで
ラーメンを作り上げていきます


DSC00048.jpg
ラーメン倍盛り(800円) ヤサイニンニクアブラ 麺マシ600g
綺麗な山ですね
素敵盛りいつもありがとうございます

相変わらず旨いモッコリのモヤシ
夜の身体に怖ろしいアブラと絡んで
脳内麻薬が出るのを実感


DSC00049.jpg
豚は2枚と端豚 _ _
大きさ食感ともにいい感じ


DSC00054.jpg
モッコリ麺に一味はよく合いますね~
途中まで食べ進んでから丼に降らせてもっちり麺と辛味を楽しみます

食べ慣れた量を食べ慣れたペースで完食
この地に根ざして早5年、まだまだ続いてほしいお店です

満足の一杯、ごちそうさまでした



DSC00058.jpg
そういえば二軒隣の豚丼屋がもぬけの殻になっていました

当時豚を冠する店の目鼻先に豚丼出すなんてなんか挑戦的だな~と思っていましたが
モッコリに軍配があがったようですね
結局行くことがありませんでした
  1. 2014/07/28(月) 14:47:41|
  2. モッコリ豚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青島食堂 秋葉原店  青島ラーメン麺大盛り

じっとり暑い都心の夏
食欲もじっとり減退…
そんなときは冷たいものを…と
そんなことばかりしていると胃が疲れてしまうので
やっぱり熱いの行きましょう

珍しく嗜好が定まらぬ日
ニュートラルなときはそれっぽく
醤油系の澄んでるやつがいいな
それでいて量あるやつ~


DSC00034.jpg
青島食堂 秋葉原店
青島です
シャッターが降りているので
営業しているのかいつもヒヤヒヤしながらの入店
開いてました、ここ食べたいときに閉まっていると
替えがなかなか効かなくて困ります
15:00頃の入店、待ち0でラッキー
しかし座ったあとに後客がぞろぞろと
この時間でも大人気ですね


DSC00035.jpg
いきなり席だったので珍しくカウンターで食券提示
一度やってみたかった麺券ダブル
「チャーシュー50麺150~」と注文が通ります
店員さんは2人、麺上げは女性
相変わらず見事な手捌きで平ザルを操ります
工程が見られるのは楽しいですね
着席してものの数分で提供


DSC00040.jpg
青島ラーメン麺大盛(750円)+自家製チャーシュー(50円)+自家製麺(150円)
おお、今回はちゃんと大丼
いただきます


DSC00038.jpg
麺が水面からこんもり頭を出す柔らか細麺
麺線は整えないのでちょっと固まり、引っ張り出しにくい
まぁこの麺量なので致し方ないですね


DSC00042.jpg
生姜は以前ほどのパンチは効かずに
ふわりと香るくらいに
それでもすっきりスープに濃い目の醤油
ダシの味わいでクッキリとした旨みを感じます


DSC00037.jpg
50円増しでもかなりボリュームを感じる
独特の薄切りチャーシュー
スープにひたして食べるとより旨いです

麺量は体感450g程度
スープとのバランスを考えたら
100円増しくらいで丁度いいかもしれません
でもスープの絡んだ麺をたっぷりと堪能して完食

生姜効果なのか、いつもより汗が出ます(笑
夏でも惹きつけてやまない熱い一軒です

満足の一杯、ごちそうさまでした
  1. 2014/07/25(金) 15:04:46|
  2. 青島食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 新橋店 大豚入りラーメン

猛烈な直系発作に襲われた夜
二ヶ月ぶりくらいに新橋二郎へ

賑やかなる新橋飲み屋街を横目に
とことこ歩きます
新橋店なれど新橋駅より虎ノ門駅のほうが
近いようですね
今年開業した虎ノ門ヒルズに圧倒されながら
歩くこと10分程度


DSC00025.jpg
ラーメン二郎 新橋店
二面がガラスでなかなかお洒落な雰囲気がする外観
以前来た時は21:30終了だったのですが
平日は22:30までと延長されたみたいです
遅くまで営業してくれる二郎は有り難いですね


前客多数、22:00近いのにも拘らず
カウンターは八割近く埋まっています
盛況ですね~
店員さんは男性二人、麺上げは眼鏡のお方

シンプルな券売機
ぶたWは売り切れでした
表題の食券を購入しカウンターへ

店内はかなりの熱気
大型扇風機も絶賛稼働中ですが
温度はかなり高めです
でもこれもまた夏二郎のスパイスですね


DSC00026.jpg
ここの二郎はレンゲがあります

後続客がこないロットの狭間だったのか
私ひとり分の調理に、少し得した気分になります

そしてコール
「にんにく入れますか」
「ヤサイ増しニンニクアブラで」
で提供されたはこちら


DPP_0001.jpg
大ブタ入り(900円)
新橋の大丼は広めで食べやすくて大好き
素敵盛り有難うございます
ヤサイにカエシをかけようとしたが…


DPP_0003.jpg
ヤサイの頂に鎮座ましますプチはんぺんアブラ
後から楽しみたいので半分下山させて半分はヤサイとともに頂く
アブラヤサイとFZのコラボを楽しみます


DPP_0004.jpg
厚めでむっちりとした新橋麺
大だとなかなかの量があります
ブタの出汁がよく効いてるスープと絡んでとても旨い


DPP_0002.jpg
小ぶりながら厚めのぶたがゴロゴロ
見た目ほど硬くなく、柔らかいのに食べ応えがあります
これまた旨い

やっぱり直系はいいなぁ~としみじみ思いながら
麺を完全に掬いきって完食
食べ終わる頃にはもう汗だくに!
丼を上げると店員さんが
「暑い中ありがとうございます」と
とんでもないです、調理場のほうが絶対やばそうです(笑
このくらいの時間になると
やっと落ち着くと仰っていました

暑いうちにまた伺います
大満足の一杯、ごちそうさまでした
  1. 2014/07/24(木) 12:59:01|
  2. ラーメン二郎 新橋店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン そら@上福岡 つけ麺 ちょい増し

久々な気がする雨のない週末
親戚襲来の突然のイベント発生にも怯まず
254をひた走り
だってそら食べに行くって決めてたんだもん

DSC01110.jpg
ラーメン そら
まーたカメラが調子悪い


何故かそらに行くときは閉店ギリギリになってしまう件
そんなギリギリ気味な時間にも拘らず
閉店5分前で前客4名ほど


先ず食券、この日はなかなかの暑さだったので
つけ麺とちょい増し、あとメンマをポチり
同行者はラーメンをチョイス

着席後麺量確認
麺量は700gでお願いしました
同行者は麺半分でオーダー


DSC01112.jpg
麺を少なくすると生玉子orメンマのサービスがあります
この日昼の部ラスト1個の生玉子だったようです


店内に流れるちょい古J-popなBGM
大中華鍋での麺茹でを眺めながら
沸々待ちます


DSC01113.jpg
先にラーメンが到着
二郎ノンケの同行者は戦慄

いざ見るとやっぱラーメンも捨てがたかったな…と思いつつ
トッピング確認
「ニンニクアブラで」


DSC01115.jpg
つけ麺(680円)+ちょい増し(150円)+メンマ(50円)
ああ~、なんともそそるビジュアル
素敵盛りありがとうございます


DSC01116.jpg
大丼に富士のごとく盛られる
しっかり締められた麺
今日のゴワモチ感すごくいい


DSC01117.jpg
にんにくが麺の方にあるので
自分の好みでつけ汁へ投入できるのがいいですね


DSC01118.jpg
今日驚いたのはつけ汁
前回のかなりしょっぱい塩分感が薄れ
ダシが目一杯楽しめるように、これが旨い!
配分変えたんですか?と訊いたところ
特にはと仰っていたのでブレだったんでしょうか


豚も大当たりのフワ豚
別皿アブラも頂き
卓上のカエシで冷やし油そばなど楽しみつつも
カメラがご機嫌斜め(涙

麺半分に圧倒された同行者を
リカバーしつつ完食
つけ麺はスルっと入っていきますね

来る度に進化を感じる富士丸系のラーメン
大満足の一杯、ごちそうさまでした


  1. 2014/07/23(水) 13:25:56|
  2. ラーメン そら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺屋 永太@蕨 ラーメン特盛

梅雨明けも近く夜でもじっとりとした空気になってきました
冷やしやつけが美味しい季節になりますね

あの太麺の魅力に誘われ
またまた蕨まで来てしまいました

DSC01098.jpg
麺屋 永太
今年6月末に閉店した高田馬場の名店「べんてん」出身の若き店主さんのお店
閉店30分前の22:30頃の入店で前客4名ほど

食券購入後「750ですか?」と麺量確認が
「お願いします~」


DSC01100.jpg
ほどなく冷えたグラスとサッポロラガー
ここに来るとコレを頼まずにはいられない
疲れやらなんやら身体の澱が泡とともに流されるよう
メンマとの相性もバッチリ
二本目行きたいところをグッとこらえて
提供を待ちます
ややあって


DSC01103.jpg
ラーメン(750円)+特盛(300円)
ああ~
つけ麺の美味しい季節とはなんだったのか
暑い中でも愛し熱いラーメンよ

豚骨と魚介の濃厚あっさりスープ(矛盾?)
最初ガツンときてスーッ落ちてゆく後引きスープ
やわらかチャーシューとメンマの対比的な食感が楽しい


DSC01108.jpg
麺線を(以下略)
この麺がホント、私的にどストライク
特飛龍織り成すコシのつよいストレート太麺
歯を立てたときのモチプリ感がこたえられません


DSC01109.jpg
修行先であったべんてんと同じ感じの
刻みにんにくと赤色が濃い豆板醤
ラーメンの風味が変わってこれも旨い

あっというまの750g
自分の嗜好にかなりマッチしていて
すっかり骨抜きにされてる感じ、悔しい!
近所にあったらな~とここまで悔やんだ店も久しいです


店主さんから
「つけ麺も売りなので食べてみてくださいね」と云われたので
次はつけ麺を頂こうと思います
ラーメンを食べるのを躊躇う位暑い日がいいかな

大満足の一杯、ごちそうさまでした

  1. 2014/07/18(金) 14:21:55|
  2. 麺屋 永太
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天神屋 秋葉原店@秋葉原 つけ麺大盛

健康診断にむけての節制から開放され
麺を大量に摂取したい衝動にかられます
そんな中
「メルマガ会員なら麺無制限」
なんと!魅力的なお店を発見し
早速行って参りました


DSC01089.jpg
天神屋 秋葉原店

秋葉原駅から歩いて5分くらいといったところ
小学校のお向かい
ピーク過ぎの15:00頃入店のため前客おひとり

食券を買います
麺量無制限なのはつけ麺と油そばのみ
つけ麺を購入、大盛は無料のため押さずでok


DSC01079.jpg
無化調とりにぼしとな、わくわくします

食券提示で麺量確認
携帯の画面を見せて、無制限OKか一応確認
問題なく通りました
どのくらい食べようかな…
ちなみにこのお店の最高記録は1キロとのこと

う~ん、初の店で1キロは危険(口に合わなかった時に苦行になる)
今の胃なら800gなら安全圏と踏んで800gをオーダー

減った体重と引き換えにだいぶ胃が縮んでしまったようです
無理は禁物


DSC01081.jpg
製麺機がドドンと鎮座
これのお陰で無限麺が楽しめるわけですね


DSC01083.jpg
つけ麺(750円)+大盛(0円) 麺800g
多いので2丼にわけての提供です
2丼は迫力がありますね~

つけ汁は想像していたよりかなりの煮干し寄り
油膜が厚いです、売り通り濃厚
煮干しの風味もエグみも
それが特徴と言わんばかりに主張してきます
非常に好みが別れそうなスープ

DSC01084.jpg
がっつり盛られたちょい太自家製麺
コシもしっかりしてて旨く
麺量も食べ応えあり
麺1杯目のころにはつけ汁もなくなり
お代わりOKなつけ汁をお願いします
そして難なく食べ終わり
スープ割を頼みます

DSC01088.jpg
ネギが少々追加されました
このスープ割りですがここでも濃厚っぷりを発揮
個人的に割りはあっさり嗜好なので
油の濃度がちょっとキツめでした
少し割りを残して麺は完食
麺無制限でこの値段はかなりお得です

量も同じく秋葉原にある武蔵の厳虎同じく無制限なので
がっつり麺を食べたいときの選択肢に入りそうです

ごちそうさまでした
  1. 2014/07/17(木) 13:13:04|
  2. 天神屋 秋葉原店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一条流がんこラーメン 総本家 @四谷三丁目 塩100ラーメン(下品な塩) かけラーメン大盛

いよいよこの日がやってまいりました
そう、健康診断です

1年のうち朝食を1日たりとも欠かさない私
しかしただ1日、この日があるばかりに
朝食完全試合を阻止されてしまうのです

病院に着くまでにエネルギー切れでヘロヘロ
血を抜かれさらにヘロヘロ
看護師さんの塩対応も手伝って
終わる頃には心も身体もすっかり疲弊してしまいました
健康診断ってひょっとして身体に悪いんじゃないの?

終わる頃にはすっかり昼時
朝食抜きだったからやさしい食べ物にしようと決め
そんな病院からの帰り道
向かうとき5軒前から既にこの店の匂いがします

DSC01073.jpg
一条流がんこラーメン 総本家
ええ、決してやさしい食べ物ではないですね
むしろ塩キツめで身体にガツンと刺激を入れる方向にシフト

13:30過ぎて外待ち3名
自分の普段より早い時間なので
外待ちは少し新鮮

DSC01074.jpg
ええ、大好きです

列はスイっと進み
ガラガラガラ(←戸の音大好き)
「お、いらっしゃい」
着席し、いつものように注文を訊かれるまで待ちます

「今日は何食べる?」
「塩100大盛かけでお願いします」
この前疑問に思っていたネーミング
塩100は下品な塩と改名されたようですね

ややあって

DSC01075.jpg
塩100ラーメン(下品な塩)かけ(680円)+大盛(100円)

かけなのにもかかわらず
前回と同じく切り落とし豚が乗っています、有り難い

空の胃袋にズドンズドンと来る
強烈な旨みをすっきりと引き立てる塩
ほんと癖になるな~
いつもの細麺との相性が抜群
味玉は半熟より少し固め
黄身がスープに溶け出さないのがいいですね
(溶けて美味いってときもありますけど)

複雑な旨みのスープを全部飲み干し完食
今回の定番はガチで定番であり続けますように(笑



大満足の1杯、ごちそうさまでした


今回カメラの調子が悪くて写真がうまく取れず(涙

  1. 2014/07/16(水) 14:18:38|
  2. 一条流がんこラーメン 総本家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ