芽生え麺録

食べた麺+αを淡々と記録、若干の大盛要素

前原商店 @朝霞

知人が朝霞台周辺に住んでおり
「近くに暖簾だけのラーメン屋があるんだけど
怪しくて行ったことがない」

前原商店のことかな
別に怪しくはないと思うがな~と云っておきましたが



DSC00301.jpg
前原商店
冷静に見てみると、なるほどやっぱり怪しい(笑
ここに爽やか笑顔のご店主とボリュームたっぷりで
破格なラーメンが食べられるとは思えないような外観ですね

本日は雨がパラついていたので、明かりが点灯していました
先客3名

品書きはラーメンとライス
表示にはありませんが大盛りができますので
大盛りでオーダー、ライスもひとつ

BGMはテレビ番組
洋画を吹き替えで流しています不思議な空間

10分ほどで提供


DSC00306.jpg
ラーメン(650円)+大盛(50円)+ライス(無料)
ライスも大盛でいただいてしまいました
素敵盛りありがとうございます
いただきます

スープはアブラたっぷりの、すき焼きのような甘さが特徴的


DSC00309.jpg
相変わらずチャーシューたっぷり
甘く柔らかい肉感に思わず笑みが


DSC00311.jpg
甘辛の味付けがご飯に最高に合います
ゆでたまごが乗っていますが
生玉子トッピングで出してくれたら嬉しいな~
このラーメンに相性抜群だと思います


DSC00313.jpg
麺は平麺でうねりが加わったもの
短めでもちもち
今日は柔らかめな茹で加減でした

甘さに少し飽きたらば一味を投入し
甘辛食感でリセットしつつ完食
いや~、お腹にたまります


前述の知人はすっきり系が好みだと云っていたので
これは刺さらないだろうな~などと思いつつ
お会計をして退店

たまに食べたくなる独特なラーメン
平日昼にまた時間が空いたら伺います~

満足の一杯、ごちそうさまでした

スポンサーサイト
  1. 2014/08/29(金) 14:26:12|
  2. 前原商店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モッコリ豚@朝霞 ラーメン倍盛 麺マシ

小雨パラつく夜の朝霞
8月とは思えない涼しさ
ラーメンが美味しくなりそうな気温


DSC00289.jpg
モッコリ豚
朝霞の人気ジャンガレ系二郎インスパ

閉店15分前で前客5名ほど
店員さんは店長と初めて見る男性
店長さんから
「麺増す?」
おねがいします
「500gまでになっちゃったんだ」

マジか!!

いよいよモッコリも制限の波が…
系列のドンキタモトもそういや500gまでになってたな
いや、あくまでサービスだったのでむしろ感謝しなくてはですね(涙

500gをお願いし直ぐトッピング確認
ヤサイニンニクアブラをおねがいしました

少しショックを引きずりながらいると店長に
「ヤサイWにする?」と訊かれたので
「ハ、ハイ」と半ばわからないまま応えてしまいました

ややあって提供


DSC00293.jpg
ラーメン倍盛り(800円) ヤサイWニンニクアブラ 麺マシ500g
いただきます~

モッコリのモヤシはほんと旨い
でもWにしては控えめだな~、ヤサイも高騰してるのかな~と
ザクザク無心にいただいていると

「お客さーん、お客さーん」と店長
ん?俺か?
「ハイこれ」



DSC00298.jpg
てんこもりのヤサイ別丼素敵盛り
ありがとう店長!


DSC00300.jpg
セパレートは食べやすいですね
麺をおかずにヤサイを食べる感覚
普段のWより気持ち多い気が
旨いモヤシをたっぷりいただきます
ホント旨い


DSC00299.jpg
今日の麺は縮れ控えめで
素直な感じになっちゃった麺
揉むのやめちゃったんでしょうか


DSC00294.jpg
豚は一枚やわらか@豚
増せばよかったと少し後悔


食べ終わり、食後感はやはり控えめ
麺食べたかったら今度は二杯買わないとですね(笑
500g以上有料とかでもいいので復活希望!
とりま今まで無償で麺を盛っていてくださったモッコリ豚には
感謝しかありません、ありがとうモッコリ!


ごちそうさまでした
  1. 2014/08/28(木) 13:06:21|
  2. モッコリ豚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青島食堂 秋葉原店  青島ラーメン麺大盛り

全く以って何が食べたいか決まらない日
たまーにそんな日があります

何件か逡巡して
結局一番最初に浮かんでいたお店に向かいます


DSC00287.jpg
青島食堂
営業しているかしていないか
間近で確認しないとわからないくらいのシャッター力
営業中でほっと一息

15:00頃の入店で今日は男性店員さん一人で切り盛り
先客4名ほど

食券を購入し
麺ゆで鍋がよく見える席に着席
お湯換え寸前でなかなか凄い色でした
すこしタイミング早かったかな~

店員さんが慣れた手つきで
調理をしていきます
5分くらいでの提供


DSC00280.jpg
青島ラーメン麺大盛(770円)+自家製チャーシュー(50円)+自家製麺(100円)
スープの良い香りがたまりません
しかし何だか違和感が…


DSC00278.jpg
水面が低い
小山のようで見栄えがよいですか
普段よりかなりスープが控えめ
夏仕様なんでしょうか


DSC00282.jpg
麺はやわ目の高加水
透明感がありふつくしい
でも今日はなんか超絶しょっぱい!
カエシはいつもと同じ量なんでしょうか
これはいかんと、店員さんにひと言


DSC00284.jpg
「濃いのでスープ足してもらえますか?」
とお願いしたところ別丼で持ってきていただけました
これなら好みの濃さでいただけますね
ありがとうございます
カエシと化調のないスープをひと口
ガラ系の澄んだじんわり旨いスープです
レンゲが進んでしまう


DSC00285.jpg
スープすくい切る衝動を抑えて
メイン丼に全部注ぎますと
いつもの塩度のスープに、そうそうこの色この色


DSC00281.jpg
50円増しなのにお得感満載なチャーシュー
薄く香ばしい昼からビール行きたくなる肉

麺量400gくらいなのでサクッと完食
超絶しょっぱかったときはどうしようかと思いましたが
素のスープを味わえたので結果オーライかな

次回は普段どおりになっているでしょうか
むしろ毎回別丼もらえるなら多少濃くてもいいかも(笑

ごちそうさまでした


  1. 2014/08/25(月) 15:13:58|
  2. 青島食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座 朧月@銀座 濃厚つけ麺大 麺マシ

クーラーのきいてる部屋で
一日中快適に過ごすのも悪くないですが
旨い一杯を求め太陽に背を焼かれながら
アスファルトの照り返しを感じながら
満足の一杯を求め、歩くのもオツなものですね


DSC00270.jpg
銀座 朧月
2度目の訪問
銀座でつけ麺ガッツリ

前客は4名
男性と女性の店員さん一人ずつで切り盛り
後客続々、15:00すぎだというのに大人気です

つけ麺は塩もあるようですが
今日の気分は濃厚醤油

大盛濃厚つけ麺をポチり
店員さんに麺増しで、と200円添えます
2玉増しだと思われなくて100円返却されそうになります
「大丈夫ですか?」と訊かれ
大丈夫な旨を告げ無事通りました

中華なべでメンマを調味していました
色のついてないメンマの白さ、面白いです
着席から10分後くらいで提供


DSC00273.jpg
ラーメン丼用のつけ汁と
DSC00272.jpg
濃厚つけ麺大(950)+麺マシ(100円×2)
麺丼登場~
ひたすらでかい丼です
頂きます


DSC00274.jpg
しっとり艶やかな極太麺
口に入れてグミグミと強い弾力を楽しみます
つけ汁は動物系のダシで粘度高し
麺によく絡みます
マー油で見た目お洒落
具は角切りチャーシューとメンマ
あとナルトがこの後沈んで行方不明に


DSC00275.jpg
途中で一味投入
飽きが来そうな濃厚にドロップキック


DSC00276.jpg
800gの極太麺はやはり食べ応えすごいですね
むっちり麺を食べ終え
三つ葉入りのスープ割り
今日の割りはちょっと濃い目で
麺で冷えた胃を温めてくれます

本日もきっちり完食
「4玉は初めてですね~」と店主さん(?)から
さすが銀座、量はあまり頼む人がいないのでしょうか

満足の一杯、ごちそうさまでした

  1. 2014/08/22(金) 22:22:17|
  2. 銀座 朧月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 新橋店 大豚入りラーメン

8月も終わりに近づき、皆盆疲れにやられている中
倒れるわけにはいかん、力つけなきゃと

そんな時はニンニク補給ですね
割と夜遅くてもやってる新橋へ向かいます
もっと色々二郎めぐりしたいのですが
なかなか儘ならず


DSC00261.jpg
ラーメン二郎 新橋店
歩いてここまで来るまでの高揚感ったらいいですね~
準備運動みたい

ドアを開けると少し熱気が
前回の昼の熱気より幾分は弱いですね~

食券購入
先客は5名ほど

麺上げは夜の部の眼鏡をかけた男性
キビキビとした小気味良い接客と調理が素敵です


DSC00262.jpg
三種の神器
卓上カエシのボトルが嬉しいですね


麺上げが済みロット最後のトッピング確認
「大豚の方~」
ヤサイマシニンニクアブラでお願いしました


DSC00266.jpg
大豚入りラーメン(900円) ヤサイマシニンニクアブラ
惚れ惚れする山
いただきます~


DSC00264.jpg
やはり目を引くハンペンアブラ
こんなの夜に食べたらどうにかなっちゃいそうですが
トロットロの甘いアブラは最高ですね~


DSC00268.jpg
水面から盛り上がっていた麺
今日は気持ち柔らかめで、太い新橋麺のもっちり感が増して美味
ヤサイも普通よりちょいクタで旨い!
ちょいクタ大好きです
卓上のカエシをかけて頂く


DSC00269.jpg
豚は中判くらいの大きさが4~5枚
味濃いながらもさっくり噛み切れる
食感ジャストモーメン豚


麺量は400~500gくらいでしょうか
ラーメンの熱さも手伝ってか汗かきながらの完食
食べ終わり後のこの満足感!
今日の新橋は大当たりでした

帰り際
「暑い中ありがとうございます」と店員さん
いえいえ、とんでもない
大満足の一杯、ごちそうさまでした


昼と夜でだいぶ様相が違う新橋店
個人的には夜推しですね(当たりの確率が高いイメージ)
  1. 2014/08/20(水) 12:37:06|
  2. ラーメン二郎 新橋店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一指禅@上福岡 一指禅ラーメン

連日の上福岡、何年経っても「ふじみ野」には慣れませんね~
本日は所用ついでに久々の一指禅へ


DSC00245-2.jpg
一指禅
飲食店の入れ替わりが早い国道沿いに
10年以上根ざしている地元に愛されている人気店です


11:00開店で11:30過ぎに到着で既に満席
駐車場は店前と店にたどり着く少し手前に第2駐車場があります
本日はバイクなので、店の横に停めます


本日はカウンター
デフォルトの一指禅ラーメンを注文
ラーメン注文時に麺の固さを訊かれます
今日は固めをお願いします
基本バリカタまで聞いたことありますが
大体のお客さんは固め、普通、柔らかめを選択されていますね

店員さんは皆さん物腰が柔らかいホスピタリティ
名物ステルスお冷注ぎも健在でした
待つこと数分


DSC00249.jpg
一指禅ラーメン(650円)
長いこと変わらない実にシンプルな様相です
これだけでは寂しい感じがしますが、実はここからが一指禅の真骨頂


DSC00254.jpg
それが「卓上の高菜とネギ!」
高菜やネギに+100円が当たり前の世の中で
無料という圧倒的サービス
このサービスが少しでも継続されるように
節度をもって有り難く頂戴いたします


DSC00253.jpg
そしてもうひとつ特筆すべきが麺
よくある博多の極細麺ではなく中麺の縮れ系中華麺なのです
豚骨は細くないといかん!という人には受け入れがたいものかもしれませんが
個人的にこの麺で豚骨も大好きです


DSC00256.jpg
とろけるという表現がぴったりな柔らかチャーシュー


DSC00257.jpg
高菜で染まるスープに替え玉

替え玉ができますので固さを指定して頼みます
やはり極細麺ではないので早めの注文がコツですね
これでバリカタなんかやった日にはどんな麺がでてくるのでしょうか
怖くて未だに頼めません

二回の替え玉を経て完食
抜群のコスパとサービスが素敵な一指禅
どうか変わることなく続いていきますように

満足の一杯、ごちそうさまでした
  1. 2014/08/19(火) 15:24:13|
  2. 一指禅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン そら@上福岡 つけ麺 ちょい増し

なんか調子が出ない、疲れがたまってる
そんな時はニンニクだ!
そういや最近山とご無沙汰だな~

予定をスパッと切り上げ
バイクでR254を駆け抜けます

DSC00244.jpg
ラーメン そら
二郎+富士丸で研鑽を積まれたご主人のお店です
夜の部は数えるほど、2回目くらいかも

閉店21:30の20分ほど前に到着
前客5名、女性のお客さんも

ラーメン気分で来たのですが、桜台つけの不覚を思い出し
ついついつけ麺に手が伸びてしまいます
ちょい増しとメンマも購入し着席

「どの位食べられますか?」とご主人から訊かれ
「800gでお願いします」と伝えました

本日もご主人お一人での切り盛り
焦ることなくのんびりと待ちます
後客がなかなかいらっしゃらなかったので
私の分1ロット1杯の気持ち贅沢な調理

十数分後
「つけ麺ちょい増しの方お待たせいたしました」とトッピング伺い
「ニンニクヤサイアブラで」とお願いしました
先に麺から提供されます


DSC00234.jpg
おおう…


DSC00233.jpg
つけ麺(680円)+ちょい増し(150円)+メンマ(50円)
生タマありがとうございます

大き目の丼にそびえるは大迫力の山
素敵盛りありがとうございます
いただきます~


DSC00237.jpg
ヤサイトッピングすると結構な山になります
本日のヤサイはシャキ寄りでした
ザクザク食べて露麺
締められてつやつやで綺麗な面肌
しかし口に入れるとかなりのじゃじゃ馬麺
むっちりとした食感を楽しみます


DSC00238.jpg
つけ汁はほぼデフォの酸味なし、動物系の甘みたっぷり
酸っぱいの苦手な人には特に嬉しいかもしれません
荒みじんのニンニクを少しずつ加えつつ啜ります


そして豚、迫力ある塊が2~3個(敢えて~枚とカウントしない)
ちょっと固めで肉感たっぷりなものと柔らかいフワッとした豚
両者の違いを楽しみます


DSC00240.jpg
別皿アブラをいただきました
他のお客さんもトッピング確認の際に別皿アブラの可否を訊いていたので
徐々に浸透しつつあるようですね

冷たい麺なのでセルフ冷やし油そばにして楽しみます
卓上のカエシを足すとより旨いです


DSC00241.jpg
生玉子は溶いて肉につけてすき焼き風で頂きます
個人的につけ麺時の生玉子の使用方法としては1番かも


食べ進めるうちに、ヤサイ増しが徐々に効いてきます
あとつけなので肉が少し冷えるのが強敵
先に肉~は定石なのですが、旨いのでつい後半に残してしまいました

配分ミスもなんとか乗り越えアブラのスジを除けて完食
今日のそらは強烈な「食ったった!」食後感
ご主人の盛りのサービス精神に大感謝です


大満足の一杯、ごちそうさまでした


夏季休業は特にありませんと仰っていましたので
暦どおりの営業となるようです
  1. 2014/08/18(月) 17:10:33|
  2. ラーメン そら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一条流がんこラーメン 総本家 @四谷三丁目 スッポン悪魔(醤油)大盛

今日の昼はどこかでつけ麺かな~と、思っていたら
桜台二郎でつけ麺!のメルマガ
こりゃ昼はつけ中止だ、店変更だ

思えばひと月行ってないからがんこに行こうと
丸の内線で四ツ谷三丁目まで
(結局夜に桜台二郎は食べられず、久々に落ち込む)


そういやスペシャルだったっけ
毎日家元ブログのチェックは欠かさないのですが
スペシャルに心動かされることは普段余りありません
(定番好きだし混みそうだしちょっと値が張るし)
なのでスペシャル初体験
少し雨がパラついてきたところ


asDSC0026.jpg
一条流がんこラーメン 総本家
13時5分前の到着でなんと16人待ち
行列見て引き返す人もちらほら
これがスペシャルの並びか~
(これは少し進んでからの一枚)

お客さんは主にスーツ姿のサラリーマン(休憩時間で間に合うんでしょうか)
イチャついてるカップルなぞもいます、がんこの並びでは珍しい光景

ふと家元が大なべいっぱいのスッポンのガラを
「もう出汁でないからね~」と外に置いていきました
微グロなので写真割愛

順番が近づくたびに、いつもの魚介のツンとくる匂いでない
なんとも旨そうな匂いが漂ってきます
40分ほど待って入店
今日は扉開いたまま

「今日は何食べる?」
スペシャル大盛でと伝えます
他のお客さんもスペシャルの模様でした

先に支払いを済ませ
今日は味玉か、麺につけて食べるつけ玉(生玉子)が選べました
悪魔の濃さを見越して今日は生玉子を選択


DSC00212.jpg
今日のご飯の友(いつも有難うございます)
煮浸しですね、ごま油の風味良く
シイタケが肉厚で旨い
おかずを食べ切った頃


DSC00216.jpg
お盆スペシャル「スッポン悪魔」(1000円)+大盛(100円)
生涯初スペシャル、しかもスッポンのラーメン
かなりワクワクします、いただきます~


DSC00220.jpg
濁ってグレーよりの茶色のスープ
旨っ!と思わず言ってしまいそうになる
芳醇で濃厚なダシがこれでもかっ!?という程攻めてくる
塩分は悪魔よりだいぶ優しめで「ボンベイ」位の感覚
すこし粘度があるスープを麺が持ち上げ、普段の麺がより旨く感じます


DSC00219.jpg
チャーシューは悪魔肉ではなく、最近出されているお肉でした


DSC00222.jpg
スープの色に染まった麺を玉子につけていただくと甘露であります
塩味が和らぎまろやかに、そしてコクが加わりました
つけ玉で大成功


DSC00225-2.jpg
麺がなくなったところでお行儀悪くご飯投入
残りの玉子も一緒に!
これが合わないわけがない、まる雑炊の様相
最高の〆をもって完飲完食

食べ終わりの満足感と食べ終わってしまった喪失感
スペシャルって凄い…

私の一巡くらいあとは、スープが足りなくなったのか
薄めての「800円」で提供されていました
黙って薄めるんじゃなく水じゃなくて清湯で薄めるんだから
元が濃すぎるから平気平気
と、全く正直に仰っていました(笑
まぁとりあえず濃いのを頂けたので大満足
スペシャルは早め早めの来店がいいかもしれませんね


今後たまにはスペシャルも食べてみよう
大満足の一杯、ごちそうさまでした

  1. 2014/08/15(金) 15:10:35|
  2. 一条流がんこラーメン 総本家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東池袋大勝軒 @東池袋 中華そば大盛

お盆に入りにわかに街の雰囲気が
少し変わったようなそんな印象を受けます

前回の麺の細さが仕様なのかブレなのか
はたまた私の気が狂っていたのか
確かめに行って参ります

DSC00199.jpg
東池袋大勝軒
変な緊張感が頭を支配
入店し食券を購入、今日はノービールで臨みます
食券を渡すと
「大盛りは結構量ありますが…」
あれ、デジャブ?
すると厨房から、いつも麺上げされている店員の方から
「ああ、大丈夫」と先にお声が…、ありがとうございます

さて、大丈夫と言われた以上残すわけにはいかなくなったぞ…
覚悟を決めて今日の一杯


DSC00200.jpg
中華そば(750円)+大盛(200円)
ドドン!という効果音が似合いそうな迫力の面持ち


DSC00201.jpg
丼の高さを超える標高の麺
今日も素敵盛りありがとうございます
いただきますー


DSC00204.jpg
弩安定のスープは本日も好調
ガラと節の濃厚なスープに本日も舌鼓

さて、件の麺ですが
本日はそこまで細さを感じず、というのが正直な感想です
前回はかなり細さを感じたのですが
前回私がブレていたとかと思わせる
本日の麺の絶妙さ
今度タイミングがあったら思い切って聞いてみましょう


DSC00202.jpg
今日のチャーシューは横に長めのもも肉チャーシュー
カタメなのでスープにひたしてから食べる


DSC00205.jpg
途中で紅白味変アイテム投入
パンチの利いた味に大変身


今日の麺は盛り上がりより、下にみっちりの盛り
後のお腹にズンズン来ます
しかしペース変えずにつるっと完食
ごちそうさまでした

麺の細さは今日はそこまで気にならず
食後の満足感も以前のようにあり、少し安心
安堵のひと息をつき店を後にしました

満足の一杯、ご馳走様でした

  1. 2014/08/14(木) 17:29:59|
  2. 東池袋大勝軒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むぎとオリーブ@銀座 蛤SOBA 大盛

少し大変だったお盆前
食欲がガクンと落ちた頃合
今日ならば量も物足りぬことはなかろう、と
腹と相談

みゆき通りから入って歩くこと1分
少し怪しい空模様

DSC00185.jpg
むぎとオリーブ
今年OPENの銀座界隈の有名店
女性客にウケそうなラーメン屋ぽくない店構え


DSC00186.jpg
事前情報を得ていたものの、悩ましいラインナップ
幸運にも並びなしですぐ入れました


店内に出迎えるは二郎にありそうな券売機
表題と大盛券を押し、カランと食券が出る音

店内にはラーメンに関わる薀蓄がたくさん
のんびり待つこと10分強


DSC00187.jpg
蛤SOBA(950円)+大盛(100円)
色彩の良い立体的なビジュアル


DSC00192.jpg
蛤のじんわりとした出汁がやさしい
舌先にきゅーっとくるコハク酸の旨み

京都の棣鄂(ていがく)と開発した麺とか
一部で流行の低加水っぽいパッツリ麺
スープをよく吸います


DSC00188.jpg
最近みかける低温調理チャーシュー
丁寧に作られているのか、わずかなパサつきもなく
しっとりしていて旨い


DSC00189.jpg
蛤も想定よりたくさん入っていました
殻いれココット付


DSC00191.jpg
他の具は海苔、三つ葉、揚げたナルトかカマボコか
おっ、拍子木切りの大根か?
食べてみたらねっとり、山芋の拍子木切りでした
恥ずかしながら見た目で判らず(汗
合う合わないは置いておいて具として面白いですね


大盛の麺量は、これ系にしては意外と多めな感じ
途中から卓上のエシャロットオイルを投入
がらりと風味が変わります
つるっと完食完飲
食後感的に丁寧な作りで好印象でした

強気な客回しの女性店員さんも印象的

ごちそうさまでした
  1. 2014/08/13(水) 18:20:05|
  2. むぎとオリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ