芽生え麺録

食べた麺+αを淡々と記録、若干の大盛要素

びんびん豚@鶴瀬 汁なし大 麺増し

この日は平日オフにしてまったり
昼食にびんびん豚に行ってまいりました
DSC00978.jpg
びんびん豚
帰り際に撮ったので準備中

14:00ころの到着で先客は2名
入ったらなんとヤサイ切れの告知
ヤサイ切れ男を襲名してもいいかも(笑

券売機を見るとトッピングが増えてますね
ネギ/タマネギ券をポチり
何でも以前からあったらしいのですが
裏メニューだったとか
食券を渡し800gをお願いしました


DSC00971-2.jpg
この間の2周年祭のポスターが張ってありましたね

トッピングはニンニクアブラ辛味マヨでお願い

DSC00975_20141128165007446.jpg
汁なし(大)950円+ネギ(50円) 麺800gニンニクアブラ辛味エビマヨ
すり鉢先生麗しく


DSC00974.jpg
大量なのでだいたいWにしてくださいました
味玉ありがとうございます
いただきますー

DSC00977_20141128171948219.jpg
このサクサクはなんでしょう、ポテトチップスのような
そういえば汁なしだいぶ久々かも

1416460803140.jpg
大量の麺を底からえいやと混ぜ合わせますが
重く手がプルプルとなります

濃厚な味がガッツリ麺に絡みます
ねっとりとした旨さはクセになりますね
わざと混ぜにムラを作り、辛い部分と辛くない部分など
味変区間を作り楽しみます


800gのガッツリ麺を堪能し完食
個人的にラーメンより汁なしのほうがお腹にたまりますね
今回も素敵盛りありがとうございます

大満足の一杯、ごちそうさまでした


スポンサーサイト
  1. 2014/11/28(金) 17:52:47|
  2. びんびん豚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインバル食堂 nico 辛つけ麺大盛

この日はちょっといいことがあったので
珍しく集団で麺を行くことに

つけ麺大好き同行者に連れられた店はこちら


DSC00959_20141127181405c24.jpg
ワインバル食堂 nico
ラーメンとかあまり結びつかなそうな店構えです
予約無しですが運よくテーブル席が空いたのでそこに陣取ります

店員さんはそれなりにゴツい男性二人
ワインバルと銘打つだけあって、夜は麺だけとは行かないご様子

DSC00960.jpg
樽ワインの赤白が一時間飲み放題で600円
味はそこそこですがとてもお得感あります
ワインのあてに生ハムやらチーズやらを頼みつつ話に花を咲かせます

その後麺をオーダー
初訪はデフォの禁を破り辛つけをオーダー


DSC00964.jpg
辛つけ麺(値段失念、それなりに安かった)
いただきます


DSC00966.jpg
麺が意外と本格派(失礼)
しっかり締まったプリプリ中太麺
大盛で300gで控えめですが飲んだ後にはちょうどいいかな?


DSC00968.jpg
つけ汁は動物系出汁
濃度はシャバ仕様で辛味はけっこう強め
石垣島ラー油のようなクセのある独特な風味の辛味


DSC00969_2014112718390149a.jpg
具は水菜や香味野菜のようなもの(不明)
バラ肉が一枚


DSC00970.jpg
見渡してもスープ割りの表記がなかったので
訊いて見ましたらあるとの事なのでいただきました

そこそこの麺量なのでサクッと完食
片手間で画一的な麺ではなく
それなりにちゃんと特徴のある麺が出るのは嬉しいですね

飲み~締めを一店で完結できるので
なかなか楽チンです

ごちそうさまでした
  1. 2014/11/27(木) 18:56:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺屋 永太@蕨 ラーメン特盛

色々片付けて実にギリギリの時間
いつものルート(定期券活用ルート)だと数分差で間に合わないので
京浜東北線を長乗り
ここの気分だったのですね


DSC00950.jpg
麺屋 永太
閉店15分前くらいで無事到着
きっちり閉店時間までやってくれるのは本当に安心します
先客5名ほど


DSC00951.jpg
いつもの
ラー油がスパイス効きまくってますね
染みるなぁ~
今日は女性の助手さんが麺を計量していました


DSC00952.jpg
ラーメン(750円)+特盛(300円)
綺麗な麺線となみなみスープ
たまらんですね
味玉ありがとうございます
いただきます


DSC00955_201411261403207b2.jpg
角の和らいだムチンムチンの麺
特飛龍の太麺を味わいます
やっぱりツボだな~


DSC00956.jpg
三ヶ月ぶりくらいの醤油です
スープの後口にじゅわっと感じる醤油のクセが
塩との大きな違いですね


DSC00957.jpg
途中で紅白のにぎやかしを…
濃い色の辛味を見るとべんてんを思い出します


麺がなくなる憂いを受けつつ完食
ああ、来るの間に合って本当によかった

醤油も塩もどちらも良さがあるので
今後迷うのもひとつの楽しみです

大満足の一杯、ごちそうさまでした

  1. 2014/11/26(水) 14:46:35|
  2. 麺屋 永太
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

製麺記1

3連休だったので久々に麺打ちをしました

世の中には所謂アマチュアの方でもプロ級の自作製麺をされる方々が多く
畏敬の念を抱かずにはいられません。

私の製麺は基本「こだわらず細かいことは気にしない」製麺なので
なんとなくこんな感じで、というイメージで作っていきます

あんまり雑なので麺への冒涜だなどと云われそうですが(爆


今回は加水率低目の細麺を作ります


DSC01006.jpg
強力粉はスーパーで購入してきた「カメリヤ」
製パンに用いられるようですね
700gのカメリヤに加水率28%で水回しします
水に混ぜてあるかん水は液体の35度のものを10cc程


DSC01008.jpg
水回しが完了したら少し放置後
袋に入れて踏みます
ビニール等いろいろありますが
米袋がやはり使い勝手がいいですね
予め空いている針穴くらいの空気穴から少し漏れることが(笑


DSC01011_2014112513574602f.jpg
ある程度まとまってきたら圧延します
パスタマシンでこの加水率だとマシンを傷めてしまいそうなので
我が家のヌードルメイカーの出番です


IMG_1416.jpg
田中式製麺機です
4年前、ヤフオクで落札
我が家に来た頃はこんな姿でした
しかし気合のオーバーホール後
その実力を遺憾なく発揮してくれました


DSC01012.jpg
何度か製麺機を回し、だいぶ麺帯の様に
さらに何度か通します


DSC01014.jpg
形になったら棒に巻きつけ
先ほどの米袋に入れて休めます
便利ですね米袋


DSC01016.jpg
しばし寝かせた後、今度はインペリアル君の出番です
最薄の目盛り1に、1.5mm幅のバヴェッテ用を通しました


DSC01015.jpg
端材を利用した麺箱
何日か置く麺の場合、なかなか使えます


DSC01018.jpg
完成、麺肌が低加水らしくザラっとしていますね
実食が楽しみです



  1. 2014/11/25(火) 14:46:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラーメン二郎 新橋店 大豚入りラーメン

寒さが身にしみる都内の夜
地元のラーメン食べようかと決めていた身に
容赦なく案件が襲い掛かる

結局地元は間に合わぬじかんへ
しからばと間に合うお店へ


DSC00937_20141121172403a9a.jpg
ラーメン二郎 新橋店
虎ノ門からも新橋からも歩ける絶妙な位置


DSC00938_201411211724054d7.jpg
前回に続きとじ玉子をチェック

22:00の入店で前客4名、後客3名ほど
深夜のオフィス街でもお客さんは絶えませんね
10分ほどでコール
ヤサイマシニンニクアブラでお願いしました


DSC00940.jpg
大豚入りラーメン(900円) ヤサイマシニンニクアブラ
荒々しくも美味しそうな新橋の山
いただきます~


DSC00945_20141121172409973.jpg
口の中でじゅわーっととろけるこの日のアブラ
脂の甘みが上品でとんでもなく旨い!

なんでも卸屋さんの都合で普段の
1.5倍の値段の背脂がいつもの値で買えたとか
参考記録ながら今までで一番旨いと思ったアブラになりました


DSC00946_20141121172416442.jpg
デロよりかな?と思ったくらいの麺肌でしたが
そんなこともなく、むしろスープがよく絡みます
むっちりとした食感強めの新橋麺です


DSC00947.jpg
ぶたはちょい薄めなのが4枚ちょい
スープに沈めたのち頂きます


DSC00944.jpg
賄いの生姜を頂いてしまいました、ありがとうございます!
スープにピーンと一本筋が通るような風味と辛味で
味覚がリセットされ、更に麺が美味しく頂けるようです


DSC00949.jpg
アブラと生姜に気をとられましたが
玉子を絡ませこちらも楽しみます
カツオ出汁の風味がとてもよい仕事をしますね


固形物を掬いきり、名残惜しくも完食
衝撃のアブラ、運よく来れて本当によかったです
これが毎日だったら隔日で通うレベルですね

「たまにだから旨いんですよ」と店員さん
それも確かに


大満足の一杯、ごちそうさまでした


  1. 2014/11/21(金) 18:06:52|
  2. ラーメン二郎 新橋店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン そら@上福岡  つけ麺 ちょい増し

エンゲル対策のため安い食材を求めて
バイクであっちこっち3市1町を駆け回る
そんな中、ムラっと麺欲が…


DSC00920.jpg
ラーメンそら
エンゲル対策とはなんだったのか
オレンジの看板の誘惑

閉店ギリ数分前の入店
先客5名


DSC00921_201411191300359be.jpg
今日はラーメン!と決めていたわけではないのでつけ麺を
お、なんか増えてる。迷わずポチー

お昼ご飯軽く食べていたので
麺量は700gでお願いしました
ご店主さん1人での切り盛り
ゆったりと流れる時間
急いでる人には向かないかもしれません
そら時間に身を任せのんびり待ちます


DSC00923.jpg
玉子頂いてしまいました、いつもありがとうございます…
本日はなんと赤玉、素敵

「お待たせしました、つけ麺の方?」
「ニンニクアブラで」お願いしました


DSC00927.jpg
つけ麺(680円)+ちょい増し(150円)+うずらのタマゴ(80円)+たまねぎ(30円)
卓の上が非常ににぎやかです(メンマまでありがとうございます)
いただきますー


DSC00928.jpg
今回の麺は凄い、自分の好みにピンポイントにズドン!
しっかり締められて申し分のない弾力
茹で加減も丁度で
鼻をぬけていく小麦の香りもよく
実に旨い、800gでお願いすればよかった


DSC00929.jpg
ぶたはつけ汁にin
そらのぶたの当たり率高し
今日も柔らかなふわ豚
途中でたまねぎ投入
特有の辛味と甘みがいいです
これで30円はとんでもなく安くて心配になるレベル


DSC00930_20141119135625515.jpg
つけ汁からの玉子へ投入
冷えてもこれはこれで旨いです
アブラは熱いうちに半分つけ汁へ
もう半分は卓上カエシで冷やしアブラそばで


弩ストライクな麺を愉しみつつ完食!

気持ち麺の厚さも違うような
麺の色も心持ち濃かった様な

また思わず麺何か変えましたか?と訊いてしまいました
特に何も、と仰っていたので
日々の積み重ねの進化かもしれません

また伺います
大満足の一杯、ごちそうさまでした
  1. 2014/11/19(水) 14:06:00|
  2. ラーメン そら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 神田神保町店 大ラーメン

直系不足で二郎欲が半端ないので
ここは欲求に一人歩きさせてみる


DSC00919_201411181734465e1.jpg
ラーメン二郎 神田神保町店
まだ二郎暦の浅かった私に(今もそんなに深くない)
直系の力をたっぷりと魅せてくれた思い入れあるお店
二郎屈指の行列店です

15時着で駐車場超え
駐車場側4名に接続、大体30~40分程度で入店できる目安
今日はちょっと試みたいことがあり、用意してきました


DSC00911_20141118173458af0.jpg
割り箸です
神保町店がエコ箸になって久しいですが
エコ箸だとよう滑って最近の麺の密度である麺を持ち上げるのに難儀するのです(手がプルプルします)
割り箸のリフト力を試したいと思います

ロット入れ替え制なので連席の融通が利きやすいです
ただしロット一回飛ばされる場合もありますね
今回前の2人がちょうど1人分あぶれてしまったので
先のロットに入ることが出来ました

助手さんから先に麺量の確認
大でお願いしました、その後入店
コールはニンニク少な目アブラでお願いしました

DSC00914_2014111818032629e.jpg
大ラーメン(750円)+生たまご(50円) ニンニク少な目アブラ
素敵盛りありがとうございます
いただきますー


DSC00916_20141118173448d46.jpg
ノーコールのヤサイをサクッと頂くとそこは麺山でした
今みっちりと詰まった麺を今日は秘密兵器の割り箸で一閃!


DSC00917.jpg
あんまり引っ張り出せないな…
いつもと同じかそれ以下のグリップ力
むしろリーチが短くて食べ辛い
これはいかんと早々にエコ箸に装備代え

今日の麺は滑らかな麺肌にモッチリ食感
いいですね神保町の麺、カエシの濃い下部分の面は濃い味
上部は麺がダイレクトに味わえて楽しいです
ぶたは大判、それでいてフワ豚なのはもう最高ですね


DSC00918_20141118173448a2c.jpg
ちょいボケ
普段は玉子は解いて麺をつけて頂くのですが
今日は麺に投入してみました
普段よりまろやかさが増して違う趣を魅せてくれます

麺よ豚よと楽しみつつ
今日は調子がいいのか余力を残し完食
ああ~、やはり直系は最高ですね

割り箸は勿論自ら回収、こっちは大失敗でしたね~
もう持ち込むことはないでしょう

大満足の一杯、ごちそうさまでした

また個人的に大好きな
ご店主さんの殺し文句
「足りた?」を訊きに伺います(笑

  1. 2014/11/18(火) 18:30:08|
  2. ラーメン二郎 神田神保町店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一条流がんこラーメン 総本家 @四谷三丁目 塩中華そば

三番くらいの悪魔が食べたくなり
今回も白飯持って杉大門通りを歩く


DSC00905.jpg
一条流がんこラーメン 総本家

前客4名ほど
しかし、世の中厳しいもので
待機中に非情の「下品スープ終了」宣告
oh…
崩れ落ちそうになる膝を庇いながら着席
呆けてしまい大盛頼むのを忘れてしまう


DSC00907.jpg
「ご飯もってきた?」と家元
すり身の揚げ物とげその煮物
濃い味がご飯に合いますね、いつもありがとうございます
おかずを頂きようやく我に返る


DSC00906_201411171223445b0.jpg
塩中華そば(700円)
前回醤油だったので塩を選択
いただきます


DSC00909_20141117122340496.jpg
塩の澄んだ清湯、普段より少し出汁が薄めかな?
とはいえじんわりくる旨みは健在


DSC00908_2014111712234202f.jpg
スープのあっさり感に固めの麺がマッチ
パンチは薄いがホッとする食べ味です
肉は硬めでちょっとイマイチでした


濃い~の求めてきたところを
塩の清湯あっさりを食べる
自分の欲求の対極を摂取したことによって
なんとも妙な感覚

次こそ濃いのをいただきたいです
ごちそうさまでした
  1. 2014/11/17(月) 12:21:52|
  2. 一条流がんこラーメン 総本家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むぎとオリーブ@銀座 鶏SOBA 大盛

これ食べたい!というものが定まらぬ日
自分の中の麺カレンダーと今の気分とにらめっこ
とりあえず醤油ですっきりが食べたい
悩みに悩んで選んだのが

むぎとオリーブ(外観忘れ)
二度目の訪問夜初訪

気分はハマグリ寄りだったのが
妙な冒険心が出て鶏SOBAを注文
食券を渡し、ゆっくり待ちます

DSC00899_2014111413050522b.jpg
鶏SOBA(850円)+大盛(100円)
色々載っていて賑やかな様相ですな
いただきます


DSC00903_20141114130506d7d.jpg
先ず想像と違い面食らったのはスープの色の濃さ
かなり特徴のある醤油がドドっと押し寄せてくる感
鶏云々より醤油で圧倒されそう
あっさりというよりは鶏油が結構浮き
濃いほうにシフトされているのかも

DSC00902_20141114130507d9f.jpg
麺屋棣鄂の細麺
ザラっとしてパツっのこの手の王道ですね
大盛なので麺量もなかなかあります


DSC00901_201411141305085b3.jpg
だいこ…、山芋ですね
この前食べたのにまた同じ過ちを…(笑
三つ葉がいいですね、日本の誇れるハーブです


DSC00900.jpg
低温調理の肉群
胸肉をしっとり美味しく頂ける
素敵な調理法だと思います

エシャロットオイルを垂らしつつ完食

醤油の癖が個人的に余りハマりませんでしたね
でも気になるメニューもあるのでまた来たいと思います

ごちそうさまでした

  1. 2014/11/14(金) 13:25:22|
  2. むぎとオリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺 やまらぁ@人形町 台湾まぜそば特盛

去年か今年あたりからか、台湾まぜそばが流行しているそうな
最近になってちょっと食べてみたい衝動に駆られ
本格的なやつを食べられる店をリサーチ
活動圏内にあったお店に行ってみることに


DSC00868_20141112124852fc1.jpg
麺 やまらぁ
そういえば開店当初に一度食べに来た以来です
その時はベジポタが流行っていたかな

14:00の入店で先客1名、後客3名
台湾まぜそばは13時からとのこと
おろしニンニクを入れてもらえるということなので
食券を渡す際ニンニクをお願いしました
特に訊かれないので自分で伝える必要アリ
下調べの勝利

ラーメンよりかなり複雑そうな調理工程を経て
丹念にまぜそばが作られていきます


DSC00869.jpg
台湾まぜそば特盛(1000円)
これが噂に聞く台湾まぜそばか~
食べたことのないものを食す瞬間って実にワクワクします
いただきます~


DSC00872_201411121248337fb.jpg
丼にはうっすらスープのような油のようなタレ仕込まれています
「召し上がり方」が店内にあったのでそれに倣いまず麺をつるっと
角の立った中太麺はむっちりと歯を返すなんとも心地よい感じの麺
タレだけでもいけるな~


DSC00873.jpg
混ぜます混ぜます、そしてひと口
肉味噌の豊かな味わいにピリッとくる辛味
生ニラとニンニクでさらにパンチが来ます
旨いなこれ旨い


DSC00874.jpg
麺がなくなったところで追い飯(50円)を追加!


DSC00876.jpg
残りの具と絡めて海苔でくるっと巻いて食べると
これまた旨い、追い飯の考案者は素晴らしいですな~

特盛は400g それほど多くないのでサクッと完食
初台湾まぜそば、堪能しました
流行るのも納得の旨さでした
食後しばらく生ニラの強烈パンチがなかなか消えなかったです(笑

やまらぁはほかのメニューも充実してるので
また伺わないとですな

大満足の一杯、ごちそうさまでした


  1. 2014/11/12(水) 15:11:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ